読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

十杯機嫌 〜飲んで飲んで、たまに犬〜

酒好きふたりと酒嫌いな犬。

蛤ごはんの変。

おはようございま〜す。ふう、やっとブログ書けるわ。なんだかんだで忙しくて、なかなか更新できませんでした。さて今日は、昨夜の晩ご飯ネタでございます。昨日の土曜日も仕事に出ていて、帰りに会社近くのスーパーに立ち寄りました。「晩ご飯どねしよ〜」とノープラン状態で海鮮コーナーをふらふらしていたら、「鯛のしゃぶしゃぶ」に目が留まった。薄造りにしてぴろ〜んと並べてあるやつね。「これや!これにしよ!」と即決定。そしてっ















晩ご飯は海鮮しゃぶしゃぶ〜!鯛だけではもちろん物足らないので、売り場を物色してホタテ、牡蠣、はまぐりをチョイスしました。しゃぶしゃぶなので鍋は浅めのものにして、豆腐や白菜などの野菜と一緒にいただくプラン。ええがな、春らしいがな。ホタテも牡蠣も甘くてさ、とーちゃんも気に入って「旨い旨い」といただいていました。でね、やっぱりはまぐりがダントツにおいしいわけよ。言うたらなんやけど国産もんやで。4つあるうちの2つを先に1つずつ食べて悶絶し、残りの2個はしばらく置いていたわけです。ええ、小市民。















ところが我慢できなくなって、「とーちゃん私先にいくで」とラストMyはまぐりを鍋に投入。しばらくするとパカっと開き、うんめ〜〜〜甘ぇ〜〜〜とお先に極楽を堪能しました。その後しびれを切らしたとーちゃん、「ボクもいこかな」と意を決し、ラストはまぐりを鍋に投入。ところがっ!
















待っても待ってもパカっと開かないラストはまぐり。初めは気にしてなかったのが、だんだん二人してはまぐりをチラチラ見るようになり、「これ開かへんかったら泣くな」などと笑ってましたが、そのうちマジで気になり出して「4個中1個アカンてどういうことやねん!」とやいやい。諦めかけたときに「ちょっとダシを上からかけてみよう」とダシをすくってはかけ、すくってはかけ、まるでおじいちゃんの肩にお湯をかけるように懸命にはまぐりを温めました。それでも開こうとしないはまぐり・・・・「あかんか、ホンマに」と思った瞬間、パッカ〜〜〜〜と開き、「うぉ〜〜〜〜!!」と歓声☆温め作戦が功を奏したのでしょうか、無事にはまぐりはとーちゃんのお腹に入っていきました。ふう、よかった。そんなこんなではまぐりで盛り上がった昨夜でございました。これからこの残ったダシで雑炊をいただきます♪きっとすんごい旨ぇやろぅな〜。ジュル。