読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

十杯機嫌 〜飲んで飲んで、たまに犬〜

酒好きふたりと酒嫌いな犬。

ウメキタを背に上六。

ゴールデンウィーク前半も今日のみとなりました。皆さま楽しくお過ごしでしょうか。昨日は私たち、予定どおりにうめだ阪急の北海道展に行ってきました。とーちゃんは人混みが大嫌いで、混雑必至の百貨店に一緒に行ったことなどほとんどありません。キラキラと輝くデパートなんて久すぶりだべ。んだんだ。と心ときめかせながら、ブランドフロアはスルーして9階催し会場でお目当ての燻製やイカの塩辛、六花亭のお菓子(←これは好きやねん)などを購入し、そそくさと梅田を脱出。そうですよ。話題のグランフロント大阪へ行くことも、百貨店内をうろつくこともありません。そして、
















上六でシースー。土地勘の無い方に説明しておくと、上六は梅田から谷町線という紫色の地下鉄で5〜6駅ほどの場所になります。世の中がウメキタに注目しているこのときに、梅田に背を向けてとっとと上六に向かうこの天邪鬼感。親父感満開。私はお腹ペコペコ、とーちゃんは満腹という中途半端な状態で、お寿司をほちほちといただきました。















最近、私寿司屋では巻きばっかり食べたいねんな〜。鉄板の鉄火巻きの次はネギトロをチョイス。うんめ。とーちゃんは「お腹いっぱいであんまりいらんのよ〜」とグズグズ言うのでイラっ!あんたが寿司食いたい言うから上六くんだりまで来とるんやろ。「何か食べたら呼び水になって食べられるようになるんちゃう?」と適当なことを言ったら、ほんとにその通りになって後半は追いついてきました。タイミングが合わんのはイカンな。
















巻物三部作の最後はやっぱ、ウナキュウ。うなぎとキュウリのコラボレーション、たまらんね。とーちゃんは隣で「マグロの握りに甘いタレ付けて食べたいねんけど、どうしよ」と悩んでたので「言うたらええやん」「だってお子ちゃまみたいやんか」とモジモジしつつ、意を決して頼んでました。1貫はそのまま、1貫は甘いタレ付きでね。














しかしこんなにキレイなマグロに、わざわざ甘いタレを付けるなんて考えられへん。「確かにええマグロやったから、甘いタレはいらんかった」と親父後悔してました。おいしいマグロの味を言葉で表現するのっていつも難しいなあと思ってるねんけど、とーちゃんは「少し柑橘系の香りを感じるんよ」と言う。うーん、わかるような気もするけど、どうやろ。















寿司屋を出てから無印、ユニクロでお買い物をしまして、サイゾーを引き取って帰宅。北海道展で買って来た塩辛をアテに泡盛タイムです。この塩辛、とーちゃんが選んだんやけど「肝入りの塩辛って今少ないんよ」ならしい。しかもこのお店はネット販売されてないので、もう二度と買えないかもしれない希少性。ああ、おんち。「この塩辛をパンケーキに合わしたらどやさ?」という話をしましたが、「うーーーん。多分アカンやろ」やって。やっぱりそうか。















そして最後に、ユニクロで買ってきたスプリングコート。どピンクいっちゃいましたよ。どう?かわいくない?今度の12日の「電車でワイン」イベントにはこれ着て行こうっと♪おばはんになったら派手になるっていうけど、私もどんどん加速しとるな。まあええけどな。さて今日はこれからちょっくら会社に行ってきます。なんかまったくゴールデンじゃないな。普通の週末やんかいさ。ぶー。