読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

十杯機嫌 〜飲んで飲んで、たまに犬〜

酒好きふたりと酒嫌いな犬。

かーちゃんの幸せはとーちゃんの幸せ。

大阪の岸里というところに「リネアセッテ」さんという小さなイタリアンのお店があります。昨日はここで、東京からのゲストをお迎えした小宴がありました。ツイ友ですっかりおなじみの呑兵衛さんより以前からとーちゃんにお誘いがあり、てっきりとーちゃんが行ってくるものと思っていたのですが、数日前になって「かーちゃんが行ってき。たまにはおいしいものいただいておいで」と言い出した。ありゃ、なんでまた。いいよ、とーちゃんが行ったほうがきっと盛り上がるよ、と何度か返したものの「いいから、行っておいで」とやさしいことを言う。あらそう?ほんだらちょっと行かせてもらおうかしら。となりまして、

















じゃ〜〜ん。リネアセッテさん久しぶり〜♪私は東京からのゲストの方だけが初対面で、その他関西組は皆なじみのメンバー。「どうしてとーちゃん来ないの?」とみんなに聞かれ、「珍しく私への計らいです」「とーちゃんやさしいねー」「そうでしょ〜」と言いながらまずは泡でかんぷぁ〜い☆うふふ、来てよかった。楽しい♡と思いながらこの写真をインスタに上げたところとーちゃんから
【飲み過ぎたらあかんで!お土産頼むで】
とコメントがきた。おいおい見張っとるでな。ま、いいや。放っとこう。さてさてお待ちかねのお料理ですよ〜♪

















これ何かわかる?鰻だよ鰻。鰻のカルピオーネって言うんだって。「わかりやすく言えば、まあ南蛮漬けですわ」とオーナーのウメッチが言うように、鰻を甘酸っぱく仕立ててあっておいすぃ。ピエモンテの白ワインとよく合うねえ。うわあ、たまらん、うれしいなあ。と思っていたら
【チキショーメ!鰻なんか喰ったことねーべ】
と親父コメント。なんやねんうるさいなあ。静かにしとけっちゅーねん。

















「しかしとーちゃんのMAX CLIMAXには笑いましたわ」「せやろ。あれ、ブリッジしそうになったでな」と隣のくたりー氏としゃべりながらやいやいと楽しいひととき。するとインスタを見ていた呑兵衛さんが「とーちゃん、缶詰の写真上げてますよ」と言う。見るといわしの味付缶詰の写真をこれみよがしにアップして
【かーちゃんは素晴らしい肉イタリアンを堪能しておるが、とーちゃんは缶詰と酒盗で粗食飯…健気や…】
と「自分はなんて可哀想」作戦にでよった。なんやこのちんまい感じ。そんなにみんなの同情引きたいんかい。いや、でもちょっと待てよ。ここでみんなからとーちゃんへの賛辞が集まることによって、「かーちゃんを外に出したらボクが褒めてもらえる」という図式が完成し、私が出やすくなると。うんうんそうや、私も作戦変更や。「みなさ〜ん!とーちゃんを褒めちぎってくださいね〜。私のために♡」とお願いしました。けけけ。

















なんやエエ匂いがするなあと思っていたら、お次は「ウニのペペロンチーノ」でした。ウニで?ペペロンなの?へえ〜〜〜〜。でもね皆さん、ワタスご存知糖質制限中でしょ。これ、食べなかったの。泣きそうやったわ。「これは旨い!」と隣のくたりー氏とプリパパ氏がうなずきながら食べてましたけどね。するとまたまた親父コメント
【今日は特別に制限解除すれば】
ときた。今日は特別に?こないだも特別解除したとこなんだけどな〜。ま、いいや、我慢したし。みんな食べ終わったし。

















するとするとまさかの「次もパスタなんっすよ。今度は肉ですけどどうします?」と聞かれた。ひえ〜〜〜!きゃ〜〜〜〜〜!あか〜〜〜〜ん!もう決意崩壊、「食べます!」とすかさず手を上げてしまいました。「それやったらさっきのウニ食べとけばよかったね」と言われつつ、この別名「カップヌードル」と呼ばれている独特の手打ちパスタと豚肉のいろいろな部位によるラグーをペロリしてしまいました。ああ、炭水化物ってなんておいしいんやろ。お腹にどすんとくるよね。

















ワインは赤にチェンジして、こちらはプリパパさん持参の「キャンティ・クラシコレゼルヴァ97」でした。キャンティ系はとーちゃんがあまり好きでないので家であまり飲むことないんやけど、こうしてきちんとした食事といただくとおいしさ倍増。しかも97だもんねえ。これはいつもお世話になっているニシノ酒店でお買い求めになられたそうで「やっぱ組長ワインはすげえ」とみんなで絶賛。で、ここまできたら親父も飽きてきたのか沈黙してきました。へへへ〜♪

















このキャンティを引き立てる最後の料理はこの羊の肩ロース。初めてやなあ、羊で肩ロースって。塩がちょうどいい感じに効かせてあって、ワインとのマリアージュを楽しみました☆ああサイコー。めっさ旨い。この幸せに酔いしれていたらまたまたとーちゃんから
【まだ喰うんかいて】
と怒り顔の絵文字とともにコメントがきた。うっせーよ。これ食べんと帰るアホがどこにおるんじゃ。

















どっちにしてもドルチェは食べられへんし、このように親父がうるさいので、お先に失礼して帰宅。「いいよね〜、なんか〜、おいしいものいっぱい食べはったみたいでぇ」とねちねち言うてきて、ほんまめんどくさい。「あんたがワシに行ってこい言うたんちゃうんか」と返すと「ぶー」とかわいくもない顔しよる。「おかげさんで〜〜、おいしいものいっぱいいただきましたあ」とあれがどう、実はこうとプレイバックしながら自慢いっぱい垂れてやりました。するととーちゃん、おもむろに「かーちゃんの幸せがボクの幸せだから」と言うた!言うたで!忘れんようにツイにも書いたったで!さてみなさん、私はこれからはもっと自らの幸せを貪欲に追求していきます。だってそれはとーちゃんの幸せにもなるんだからね♪またひとりで行こう〜〜っと☆