読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

十杯機嫌 〜飲んで飲んで、たまに犬〜

酒好きふたりと酒嫌いな犬。

王子とデート♪

昨日はうちの甥っ子とお出かけでした。受験を乗り越えてめでたく中学生になったばかりの王子にお祝いの財布を買ってあげると約束していて、ランチを兼ねてお昼に待ち合わせ。学校帰りの制服姿で重い鞄を下げてやってきた王子と、妹のアオコもランチだけ参加して、滅多とないメンバーでまずはお腹を満たします。



f:id:chikuwansai:20140427105301j:plain

中1といっても王子はもともとよく喋る子なので、すれてない可愛さがあるのよね。「学校慣れた?面白い?」「うん、面白いで。友だち出来たし」「何の科目が好きなん?」「体育」「じゃなくて、普通の科目で」「数学かな」とちゃんと会話してくれる。この年になっても私のことを「ねーねー」と呼んでくれるのもうれしいがな。「ねーねーは何の仕事してるん?」「コピーライターや。まあ文章書く仕事やな」「それって儲かるん?」「んーどうかな。うちの会社は忙しいけどな」「給料ようけもらえるん?」と金の話。王子はお金が大好きで利益を考えたりすることを面白いと感じているらしい。「だからな、税理士か会計士になってもええかなと思ってるねん」だって。

f:id:chikuwansai:20140427110134j:plain

「人の会社の利益考える仕事やで。あんたの利益ちゃうで」「せやなあ。あとは僕、弁が立つ方やから検事とか弁護士もええかな思うねん」ならしい。面白いわ。この年代らしい素直さと理屈があるところがなんとも興味深い。今の学校を選んだのにもちゃんと理由があって、彼なりの筋が明解なんよね。なので思わず盛り上がり、アオコが帰った後もなんだかんだと話し込んでました。


f:id:chikuwansai:20140427110835j:plain

店を出て東急ハンズで財布を物色。「僕わからへんからねーねーが選んで」と言うがそれはあかん。二つ折りがいいと言うのでいくつか絞り込み、「じゃあこれにする」と自分で決めてました。その後時間が余ったので本屋に行き、なにか一冊買ってあげようと思って探してみるも、中1の男の子に読んで欲しい本って選ぶの難しいよね。さんざん迷って宮部みゆきの小暮写真館にしたけど良かったんかな。夏目漱石川端康成とかの純文学の方が良かったかしらんと思ったり。

そんなこんなの甥っ子デート、とっても楽しかったです。彼の中学生活にいつも私がプレゼントした財布があると思うとうれしいね。昨晩、妹からお礼の電話があったときに「またデートしようって言うといて」と伝えたら「デートちゃうし」と返されたけど、ねーねーは負けへんで。これからどんどん忙しくなるやろうけど、また遊んでなー♪