読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

十杯機嫌 〜飲んで飲んで、たまに犬〜

酒好きふたりと酒嫌いな犬。

鏡の中のキティ。

はい、大変疲れに疲れまくっている新幹線の中です。相変わらずあちこちに飛んでまして今日はチーバーでした。朝の6時台の新幹線で出て、帰りは新大阪到着23時や。働くおばさんの姿、しっかり覚えといてや。ほんで先週は台風が近畿直撃やとやいやいなってる中で富山行っとんたんや。前泊で金沢入りやで。万が一ヤングなあなたが「コピーライターになりたい」なんて思っているならば、体力が一番大事であることをわかってほしい。そして大御所さんのように稼げもしないし、こんなに這いつくばってやらなあかん仕事であることをとくと知るがいい。パソコンの前だけでは何も生まれないし、一行だって書けもしません。


f:id:chikuwansai:20150724214212j:image

さて先週、富山取材と撮影を終えて、台風が近畿地方に接近する中ギリギリでサンダーバードに乗り込みました。定番の窓際でプシュっと一人ささやかなお疲れ祝杯をあげていると、福井から隣り席に女の子がやってきました。顔を見なくてもプーンと漂ってくる女の子特有のいい匂い。「ごめんなおねえちゃん、隣にこんな酒臭いおばはんで」と心の中で思っていたら、思わぬ展開になっていったのです。

f:id:chikuwansai:20150724214825j:image

しばらくしておねえちゃんが鞄の中から取り出したのは《AYUMI HAMASAKI》と書かれた黒いスポーツタオルとキティちゃん柄のコンタクトレンズケース。「あっ!」と思ったのもつかの間、そのタオルの上にメイク道具が並べられ、すっぴんの肌にファンデーションらしきものが塗り重ねられていきます。あたしアーバン暮らしが長いからあまりお目にかかったことが無いんやけど、よく聞く電車で化粧する女子とはこのこと。化粧品の匂いが鼻につき、さっきごめんなと思ったことを後悔したわ。こんな場所でなにすんねん!

f:id:chikuwansai:20150724215305j:image

肌が仕上がったら目の周りテコ入れ。アイライン、つけまつげ、アイシャドウ、おまけに二重まぶたに変えるアイプチも器用にすいすいやっていくキティ。あのな、忘れたらあかんで。ここサンダーバードやで。揺れも結構あるねん。ようこんな場所で目のキワキワを尖った道具で突き刺せるもんや。「ほう」といろいろすっかり諦めてじーっと見入ってしもたがな。あ、隣り席のキティを覗き込むわけにもいかんので窓の外を見てるフリして窓に映る様子を観察してたわけなの。ほれ、カシコやからさ。

f:id:chikuwansai:20150724220437j:image

キティのメイクはまだまだ続くよ。ツケマをマスカラでさらに整え、眉毛を丹念な書いて、唇はグロス→口紅→グロスの3段重ね。チークで凹凸をつけて「もうやることないやろ」と思っていたら、髪を束ねていたゴムを外し、櫛で髪をといて手のひらでヘアオイルを伸ばして毛先に。呆気に取られていたら卓上ミラーを手に取り入念に歯のチェック。ねえキティ、あなた福井からこんな時間にどこへ行って何をするの?

f:id:chikuwansai:20150724221131j:image

満足気に鏡の中をじっくりと覗き込むキティ。窓越しに映るその姿はこの1時間ほどで別人のように変わったけど、私からすれば決して美しいとは思えない。この手際の良さから考えたら毎週のようにこの電車でやってるのかな、こんなメイクが必要な場所って水商売なのかな、にしてもアユミハマサキでもないやろう。幼くない?なんて考えながら窓越しの彼女をじっと見つめてました。ねえキティ、あなたのことを私はこんなに見てたのに、あなたは自分の顔しか見えてなかったね。その小さな世界はそんなに楽しいの?その決まり切った化粧があなたを変えてくれるの?なんて思いながら切なくなってしまいました。関係ないのに勝手におせっかいBBA。

f:id:chikuwansai:20150724222457j:image

結局私は新大阪で降りたのでその後の彼女を知る由もありません。でも印象的な記憶なので残しておきたかったんよね。なんかいじらしくて可哀想に感じてしまったのです。

さて、そんな私も明日、いよいよ親戚の結婚式でエイジさんにヘアメイクしてもらいます。いろいろ考えてヘアはソフトリーゼントに、メイクはお任せで化けますぜ。お腹がすっきりしてきたとーちゃんも新調スーツでバッチリきめてくれることでしょう。こんなネタはブログ向きではないと思うのですが、なんかオモロイことがあったらまとめますね。ほなまた!明日は8時にサロン入りやし新婦並みに気合い入れて頑張ってくるわ!