読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

十杯機嫌 〜飲んで飲んで、たまに犬〜

酒好きふたりと酒嫌いな犬。

テンダラーの告白。

この年末、サイゾーのワクチン注射をしに久しぶりに病院へ連れて行きました。そうやで、私も久々やテンダラー先生。ちょっと気になることがあったので軽く健康診断してもらいたかったしね。年末の動物病院はなんでこんなにと思うほどたくさん患者、いや患犬がいて、待ち合い室は人と犬とでムンムン。かなり待たされた後ベッピンの看護師さんがやってきて「院長先生(=テンダラーな)でなくても良ければ次にお呼びできますが」と言う。何言うてんのな、ここまで待ってそれはないわ、と心でつぶやいて「いえ、院長先生お待ちします」とニッコリお返事しました。

f:id:chikuwansai:20160107143025j:image

ようやく名前を呼ばれて診察室へ。案の定陽気で話の早いテンダラー、一通り話したところで「では身体を見てみますね」とさっそく触診。ヘルニアは特に異常なし、お腹や心臓も大丈夫。で、気になる目を診てもらうことに。ここのところ会社でよくぶつかってるとみんなから聞くので「あんまり見えてないのかも」と気になっていたのです。

f:id:chikuwansai:20160107143746j:image

部屋を真っ暗にして懐中電灯のようなもので片目ずつ覗き込み「あーー。うんうん。こっちも見せてね。うんうん」と診察するテンダラー。「お母さん、そうですね、特に左の目がほとんど見えてませんね」と、光を当てた眼球を見せられたところ、左目はビー玉のようにキラキラしている。「これは眼球を支える筋肉が弱ってるんです」「手術や薬で治したりは?」「無理ですね」「加齢の症状?」「そうです」なんだとか。「将来的に失明します」とはっきり言われました。

f:id:chikuwansai:20160107144542j:image

「先生あのね、こいつ匂いをくんくん嗅ぐのが大好きで敏感なんです。嗅覚は視覚の助けになりますか?」と聞いたところ「それはいいですね。もともと犬の視力は弱いですから、慣れた場所なら嗅ぐことでそんなに行動の妨げにはなりませんよ」と言う。やっぱり話早いわテンダラー。余計なこと言わんし質問に対する答えが早い。ちょっと安心しながら「おじいちゃんやからしゃあないなー」とサイゾーを抱き上げました。かーちゃんがサイゾーの目になったるさかいな。

f:id:chikuwansai:20160107145116j:image

ワクチン注射と肛門絞りを済ませて診察室を出ようとすると、テンダラーが「あの」と声をかけてくる。
「実は僕………」
「はい」(まさか?)
「今のうちにお話ししときたいのですが………」
「はい」(ナニ?ナニ?)
「この春から別の診療所に移ることになりまして、春までサイゾーくんに何もなければ今日で最後になるかもなんです」あら、そうなんかテンダラー。「どこに行きはるの?」「福島(大阪やで)です」だって。もし福島の方まで来てくれるんだったらカルテを持って行くけど、カルテはここか新しいところかのどちらかにしか置けないんだとか。「わかりました。行けない距離ではないので考えときます」と話して診察室を出ました。

f:id:chikuwansai:20160107150237j:image

さーてどうしようかねサイゾー。なんや次の院長先生はテンダラーよりちょっと若い先生らしいけどな、男前かな。男前でも決断力がなかったらアウトやし、様子見て決めようか。どんなんかなー?