十杯機嫌 〜飲んで飲んで、たまに犬〜

酒好きふたりと酒嫌いな犬。

S-新幹線をずんずんずん。

この出来事は珍しく昨日facebookにも投稿したネタなので(またこれかい)と思われるかもしれませんがうちのお母さんは知らんので改めて。

昨日は今年最後の出張で東京に行ってました。昼から移動して4時からの打ち合わせに参加し、2時間びっちりやって品川へ。「さあ、最後の出張を飾るべくワインで居酒屋新幹線やるで」と気合い満々。教えてもらった駅構内のワインショップで冷えた白ワインのハーフを買い、店のおねえちゃんに「新幹線で飲むからカップ入れてね」と念押しし、惣菜をいくつか買って新幹線に乗り込みました。人の出入りがはげしいから新横浜を過ぎるまで待ってようやく居酒屋タイム。テーブルを出し、惣菜を並べ、ワインを取り出したら「あれ?カップ?カップない?」とガサゴソ。何回見てもカップが無い。ねえちゃんに言うたのに入ってない。「なんで?」と焦ると同時に「あの女殺す」と殺気を抱き、「どうやって飲む?ラッパ飲み?やる?いやあ、この満席でワインラッパはあかんあかん。じゃあどうする?あきらめる?ここは14号車やから当分ワゴン販売けえへんよな。ハイボールにチェンジするとしても何分待たなあかん?いやあ無理。すぐ飲みたい。どうしよ」と考え、気がついたらもう私は立ち上がり、14→13→12と号を進んでいました。めざすはワゴン販売のおねえちゃん。どこかにステーション的な場所があるはずやからそこで事情を話してカップをもらおうとずんずんずん。

 

f:id:chikuwansai:20161216215235j:image

 

10号車くらいでステーション的な場所をはっけーん!おねえちゃんに事情を話すと「それは大変申し訳ありませんでした」とすかさずカップを出してくれて、ずんずんずんと14号車へ。ふう。やれやれ。やっと飲めるわと安堵してようやくお疲れ乾杯。今年一年の多かった出張に、そしてこのスピーディかつ的確な判断に、お疲れあたし!しかし隣のおっちゃんはこの一部始終をどう見てたんかな?カップが無くてもらいに行ったのバレバレなんかな?まあいいや。ラッパ飲みするよりマシよね。しかし今度品川でワイン買うときは目ぇ光らすで。品川でワイン売ってるからってねえちゃんイキってる場合ちゃうで、ちゃんと仕事しい!