読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

十杯機嫌 〜飲んで飲んで、たまに犬〜

酒好きふたりと酒嫌いな犬。

ヘルニアと真面目くん。

おはようございます。通常版の土曜日です。夏休みが開けて「え?夏休みなんてあったっけ?」な怒涛の一週間が過ぎました。あーあ、いつも通りのこの感じ。しかし夏休みが終わったと惚けてばかりはいられません。明日の日曜日も、9月に入ってからもいろんなお楽しみが待っていますからね、前を向くぜ!

f:id:chikuwansai:20140823082539j:plain

話は変わって。それは突然の出来事でした。昨日、サイゾーを会社に連れて行こうと抱き上げたら小さな声で「ヒー」と言う。これ、どこかを痛がってるサイン。「あれ?昨日は普通に元気にしてたのに」と思いつつ出社したところ、やはりみんなが「サイゾー元気ないやん」「なんか動きがゆっくりやな」と言う。やっぱりそうか。あれが来たか。

f:id:chikuwansai:20140823083206j:plain

ダックスに多い疾患で、これまで何度かサイゾーも引き起こしているヘルニア。腰の神経が飛び出したりして痛みを起こす、人間と同じ症状です。昨日、散歩に連れて出たときに念のため動画を撮っておき(カシコ!)1日様子を見てましたが、あまりにも大人し過ぎて気味が悪いので帰りに動物病院に寄りました。はい、テンダラー先生のもとへ!

f:id:chikuwansai:20140823083827j:plain

ところががっくり。テンダラー休みやし。ここ最近のサイゾーの様子を知ってる先生がどうかって結構大事やん?「まあしゃあない」と診察室に入ったところ現れたのは、せやなあ、アラサーくらいかな、彼女はいてないやろうなあ、あんまり人生経験もなさそうな真面目くんな先生でした。動画を見せて一通り説明するとまずは触診にかかる真面目くん。「動画の感じとお話を聞く限り、おそらくヘルニアでしょう。きちんとした診断はMRIを撮ってみないとわかりません」「MRIって全麻ですよね」「そうですね」「サイゾー12歳なんですけど大丈夫なんですかね」「それはなんとも言えませんが、心臓と内臓によほどの疾患がなければ…なんちゃら」だいたいヘルニアの説明長いし、そんなことより今からどんな処置を取るのか、これからサイゾーのどの辺りを注意するべきか、そういうことを順序立てて説明してえな。まどろっこしいな、もう!

f:id:chikuwansai:20140823084903j:plain

てなことで痛み止めの注射を打ってもらい、同じく痛み止めの薬をもらって3日間安静にしながら様子を見ることになりました。手足がひっくり返ったり、立てなくなったり、食欲が落ちたりしないかがポイントらしいです。今までも何度かこの方法で切り抜けてきたので、このまま快方に向かってくれることを願うばかり。高知ではしゃぎすぎたのも痛めた要因かもな。

f:id:chikuwansai:20140823085418j:plain

帰宅後とーちゃんと「しばらくベッドの乗り降りをさせないように和室に布団敷いて寝よか」と相談したところ「サイゾーはいつも通りがいいんよ」と寝室で寝ることにこだわり、親父発案で布団とクッションによるこんな階段的なものを設置。ジャンプがあかんからね。わかるねんけどビンボーくさいよね。仕方ないのでこれで一晩過ごしてみたところ…

f:id:chikuwansai:20140823085830j:plain

起きたらびっくり。床で寝とるし。親父のアイデア撃沈やし。ひとまずこれで様子見ていきます。早く良くなれー!