十杯機嫌 〜飲んで飲んで、たまに犬〜

酒好きふたりと酒嫌いな犬。

行けない理由。

9月21日(水)の朝、いつものようにお弁当を作ってさあ会社へ、と出かけようとしたとき、同僚からのSkypeに気づいた。何かと思って見るとコロナの陽性になったという内容。前日に約1時間、一緒にランチをしたので(私は彼の向かい側)この瞬間から私は濃厚接触者になってしまった。リモートになるとしてもパソコンが必要なのでひとまず自転車で会社に行き、ボスの見解を確認したところ「症状が出てないなら会社にいていい」とのこと。念のためと持参していた体温計で熱がないかをチェックしつつ仕事を進める。とはいえやはり落ち着かない。なんとなくしんどくなってるような気がするのは単なる気のせいか。人間って簡単に左右されるよなと思いつつ仕事にかかる。

 

昼前にお母さんと妹2人と私の4人のLINEルームにメッセージが入っていることに気づいて見ると、高知でずっとお世話になっていた通称ターンが朝9時頃に亡くなったとあった。詳細は何もわからないと。先日ブログに書いたように、奇跡の復活を遂げて自分でご飯も食べられるようになってたというのに。危篤の知らせもなかったのに。濃厚接触者状況と突然のターンの死で「なんでこんなことに」という思いしかわいてこない。ともかくちゃんと仕事を済まそう。ひとつひとつ終わらせようと気持ちを切り替えてまた仕事に向かう。時おりLINEを覗きながら。

 

その後の知らせでお通夜のようなものはなく、24日(土)の13時からいわゆるお葬式(神道なので葬祭というのかな)が執り行われることがわかり、お母さんと妹2人は高知に向かう準備にかかる。私は濃厚接触者であり、3日間ほどは発症する可能性があることから高知行きは諦める。とーちゃんも事情を理解してくれて「10月か11月に2人で墓参りに行こう」と納得してくれた。幸い私は今のところなんの症状もなく無事にしている。そしてお母さんと妹たちは今朝5時に大阪を出て高知に向かった。長らく会えなかったターンに最後の挨拶をするために。

 

さっき妹から届いたLINEでは、ピンクの口紅をつけてもらって穏やかな表情だったらしい。コロナが落ち着いたら、来年の夏には、と思いながら結局こんな結末か。3年前にターンの家の倉庫にある荷物を取りにいく必要があったときにも、直接私たちが取りに行くことは憚れ、わざわざ地元の親戚に荷物を出してもらって引き上げることがあった。近づくことさえ許されないあの状況。「来ないでくれ」と言われるあの心境。誰が悪いわけではない、全部コロナのせい。もしコロナのない世界がパラレルであるのなら、まったく違う結末になっていたような気がする。そんなことを考えてもなんの意味もないけど。

 

90歳を過ぎたおばあちゃんが亡くなった、ということは天寿をまっとうできてどちらかと言えば「苦しまなくてよかった」とされがちなことやけど、今回私はなかなかそうは思えない。サイゾーのいない夏もあそこで過ごしたかった。「お帰り」と迎えてほしかった。「のりちゃん」と私を呼ぶ声を聞きたかった。ターンの作る味噌の少ないお味噌汁を食べたかった。「今日も川に行くんか」と言われたかった。川から帰ったときに「早うこっちおいで」とクーラーのきいた部屋に招いてほしかった。ささやかに話す誰かの悪口とか噂話を聞きたかった。「来年の夏まで元気でおるんやで」と言いたかった。暑い日でも雨の日でも国道まで出て手を振ってくれるターンをバックミラー越しに見たかった。冷たくなったターンにさえ会えないのは全部コロナのせいやないか。なんやねんお前は。

 

お母さんが棺に入れると用意したのがこの写真。こっちを見てるのがお母さん、その左隣は父方のおばあちゃんで抱かれてるのは私。後ろで微笑んでるのが若き日のターンです。生まれてからずっとつかず離れず見守ってくれてたんやなと改めて思えて、泣けて泣けて悲しくて腹立って腹立って仕方ないです。

 

f:id:chikuwansai:20220924154117j:image

気まま屋。

台風で行動が制限されたこの三連休の初日、地下鉄で一駅隣の九条にとーちゃんと出かけました。この日はいつものお母ちゃんのお店に行く前に、親父が見つけた小さな中華料理店に行くプラン。「7席だけやから混んでるかもね」とか言いながら扉を開けるとあらお客ゼロ。瓶ビールと餃子、焼豚を頼んで軽くランチとします。

 

f:id:chikuwansai:20220919105321j:image
f:id:chikuwansai:20220919105319j:image

 

きっちり包んでないこの餃子、なかなかクセになる味。包み方は大雑把やけど餡はきめ細かくてきちんと作られてることがわかります。1人一人前をペロリしてビールもちょうど2本飲んでごちそうさま。さあお母ちゃんとこ行こかと向かっていたら、何でも屋みたいな雑貨屋を発見。表にはラーメンやらの食料品が積まれててよくみると1コ50円とか3つ100円とかの激安に思わず引き寄せられる私たち。「かーちゃんこのラーメン買おうよー」と親父が言った一言で買う気スイッチ発動。見るだけモードから買うモードになり、「とーちゃんカゴ持ってきなさい」と店内を物色しました。

 

奥に入ると韓国ラーメンや調味料、コスメもあってぐいぐいと引き込まれてしまう。私が使ってるBBクリームのファンデが3分の1くらいの値段やし、大容量の商品も安っ!と声出るくらいやし、気がつけばカゴにぽいぽいの入れ食い状態。たとえばこの化粧水、

 

f:id:chikuwansai:20220919110830j:image

 

1リットルで確か700円くらい。親父用やからこんなんで充分なのよ。とーちゃんは小顔ちゃんやからこれで3年くらいもつんちゃう?安い安い。いっぱいのカゴのお会計をして店を出ようとしたら、とーちゃんがまたなんかをじっと見ている。親父が見ていたのはごろごろ転がるとてもいい加減な状態のワイン。「かーちゃん、これイタリアや。品種はわからんけど690円やて。瓶も重たいしええやつやと思うで」と言う。こんな風に外に転がってるのブショってる確率大!大!大!やで、ええんか?と言いつつさらに物色するとバローロ発見。気になるお値段は

 

f:id:chikuwansai:20220919111435j:image
f:id:chikuwansai:20220919111438j:image

 

1800円!2010年のバローロ1800円!買いました。この2本を買って、最初のやつを昨日飲んだけどセーフ!そしてかなり美味しい。バローロがブショってないことを願うばかりです。

 

f:id:chikuwansai:20220919111738j:image

 

エコバック2つにたんまりの買い物をしてようやくお母ちゃんのお店で乾杯。お母ちゃんに「そこの雑貨屋みたいなとこでようけ買うてしもうたわ」と言うと、「あそこなー。みんなようあそこで買い物してるわ。気まま屋いうてな、オーナーが韓国の人なんや」と教わる。なるほどそれで韓国食材やコスメもあったんか。ほんま気ままなラインナップやったで。「かーちゃん今度あの店行ったらさあ、あの全身洗えるやつ買っていい?」と言う親父。頭も髪も体も洗えるやつはええけど、あの商品青汁エキスやったで?青汁で全身洗いたいか?ほんま気まま屋、安いだけじゃなくて何に出会えるかわからん面白さあるわ。また必ず行くから気ままな品揃え頼むよ!

クマちゃんがパートナー。

高知で妹に「太ったらあかん」と言われてから、止まっていた体重計に電池を入れ、ダイエットアプリを使うことを決めました。今やありとあらゆるダイエットアプリがあって、探すのもめんどくさいのでうちの会社のダイエッター女子に聞いてみることに。「あんな、めんどくさいのあかんねん。とりあえず体重と体脂肪を記録できるくらいでええねん」と言うといろいろと勧めてくれるうちの女子。大阪市がやってるアプリは運動量などに応じてポイントくれるとか、こっちは情報読めたりサンプルももらえますよとか。ポイントなあ。貯めても結局使えへんしなあ。その情報系も結局広告やん?あたしくらいになるとわかってることばっかりやしさ(ならとっととやれよと言う勿れ)。わかた、じゃあこのクマちゃんのにするわ。とにかく記録からコツコツやっていって、もっと機能を必要に感じたら他のを使うわ、とモーストシンプルなクマちゃんアプリをDL。これに毎朝の体重を記録することからはじめました。

 

f:id:chikuwansai:20220917092624j:image

 

体重の推移を見ているとおもしろいもので、突然1キロくらい落ちることもあればスーっと上がっていたりしている。測り初めの体重から上がることは今のところなくて、小さな上下の波をこの半月ほど繰り返しているのがわかる。この変動は脂肪じゃなくて体内水分。水分量と塩分がおそらく影響しているんやろう。脂肪がこんなに毎日変動するわけあらへん。ただ「毎日測る」という習慣で、ほんのちょっと食べることを意識しはじめたので、平均的な体重は0.5ほど下がったかな。これもすぐ戻る範囲なので油断なりません。

 

f:id:chikuwansai:20220917093432j:image

 

さてこれからどうするか。息を吸うても太るお年頃になってしもうたので、脂肪を減らすにはそれなりに劇的なことをしないと変わらないことはわかってる。前回のブログに書いた河内音頭の師匠への弟子入りについては予想以上にみんなに勧められたけど、今の状況では門真まで通う余力は残念ながらナイ。まずは毎晩の親父メシの食べる量を減らし気味にして、寝るまでの時間をとる。お腹すいて起きるくらいにする。バランスボールで腸腰筋をつける。ついでに軽くストレッチする。というだけでも怠け癖のついた私には結構なハードルよ。飲んだら眠たくなってしゃあないもんなー。これができたあかつきには運動開始か。歩くとか走るとかやるんか?私。イラチな私には向かん気がするけど走りたくなるんか?私。実は最近、やるならキックボクシングやなあと強く思うようになってきて、体験だけでも行ってみようかと考え始めております。

 

f:id:chikuwansai:20220917095311j:image

 

こないだの健康診断で安定の「脂質異常」をくらったので、健康面でもダイエットはマストになりました。1年後にウエストキュッとなるようにほんまの本気でやらなあかん。クマちゃんに励ましてもらいながらやっていくので、とーちゃんには親父メシのカロリーオフをよろしく頼みます!私の管理栄養士に任命や!

 

 

出会ってしまったふたり。

盆休みが明けてすっかり日常に戻った翌週末に近所の盆踊り大会が開催されました。この2年間はコロナで中止になっていて、今年はやると知った尻からダンサーの私はそわそわ。踊るの久しぶりやしちゃんとできるやろか、いやいや子供のときから踊ってる河内音頭、そうそう忘れるはずがないと、近所の者だけが配られるドリンクチケットを見ながらニヤニヤしていました。もうサイゾーいてないし、とーちゃんと2人で気兼ねなく出ていける初めての盆踊りなので「行く前に軽く引っ掛けよか」となりまして、

 

f:id:chikuwansai:20220912142458j:image
f:id:chikuwansai:20220912142502j:image

 

会場にほど近い居酒屋で酒and腹ごしらえ。盆踊りは18時半くらいからやってるけど、ちびっ子タイムが大半なので私のようなプロは急いで行かない。「21時前に入るくらいでちょうどええわ」とクーラーのきいた居酒屋で日本酒までたしなみ、トイレも済ませてさあ行こうか。私のステージへ。

 

f:id:chikuwansai:20220912142740j:image

 

この日はうちの会社の女子も何人か来ていてみんな踊る気満々のよう。大人タイムの9時台は江州音頭でだいたい始まってゆるやかに進み、徐々に河内音頭でヒートアップしていくのがよくあるパターン。私は河内音頭しかやらない派ではあるけれど、2年ぶりということでならしを兼ねて江州音頭の輪に入ってみました。私服の少し慣れた風のおねえさまの後につき、踊りを覚えようと何周か回ったところでおねえさまがクルっと私を振り返り、「この前の人な、お師匠さんやで。めちゃくちゃ上手やからこの人について行き」と言いながら輪から外れていくおねえさま。は?と驚きつつも背の高い青い浴衣の男性について踊ると確かにまったく違う。一切乱れのない動き、指先まで張り詰めた美しさ、針金でも入ってんちゃうかと思うほどの背筋の伸び。ほう、確かに師匠や。好きでもなかった江州音頭が、師匠の真似をしてみるともっと上手くなりたい、近づきたい気持ちになっていく。踊るということはこういうことかと目が醒める。私はいったい何をしてきたのか。(え?

 

その後河内音頭に変わり、静かなバージョンから激しいバージョン(知らない人はググってみて)へと踊りは続く。離れるもんかとぴったり師匠について河内音頭も踊ったけど、激しいバージョンに変わった途端師匠は輪の一番内側に移動され、さらに激しく踊られているようなので私はいつもの我流で踊り続けた。周りを見るとヤングが多く、男の子たちもいちびりながら楽しそうにやっている。そうやんな、今のコって授業でダンスやったり、TikTokで自ら動画あげたりするくらいやもん、恥ずかしさはあんまないわな。とか思いながら汗だくで河内音頭をやり尽くし、終わりとともにとーちゃんの待つ席に戻りました。すると私たちの前にフリーな状況の師匠が!「とーちゃんあの人!すごいねんめっちゃすごい師匠やねん」というや否やアズスーンアズ師匠のもとに駆け寄り、お声をかけて記念撮影してもらいました。その際「良かったらどうぞ」と師匠からお名刺をいただいたのです。感激〜🧡

 

f:id:chikuwansai:20220912145718j:image
f:id:chikuwansai:20220912145712j:image

 

翌日の土曜日は雨予報だったので昼から2人でライフに行こうとなり、その前に定食屋さんでお蕎麦のランチに。話題は自然と師匠の話になり「すごかったなあ」「痺れたわ」としみじみしているといただいた名刺のことを思い出した。せやせやと改めて出して見てみると、師匠は踊りの会の会長さんで「河内音頭江州音頭フォークダンス」と書いてある。うん、フォークダンスまで極めておられるのか。まずは名刺に書いてあるホームページに飛んで会の概要を確認。すると親父がある記事に目を止めた。「かーちゃん!ちょっとここ読んでみ!」と言われ、思いっきり文字を拡大して読むと【会員へのお誘いに名刺をお渡しすることがあります。ぜひ入会をご検討ください】的な内容。え、ちょっと待ってよ。私を誘ってくださってたわけ師匠いや会長。それならそうとはっきり言うてよう。場所はどこなわけ?門真かいな遠いがなとやいやい。「かーちゃん、やってみたらええやん」って親父は言うけど、師匠の教えはかなり厳しいはず。50代にして新たな境地に行くのか私。真の河内音頭のプロを目指すのか私。この1枚の名刺から新しい人生が開く予感が芽生えたわけです。チャララーン!

(って入会せんけどな

 

 

 

「ねえちゃんは太ったらアカン!」

この前の高知の宿で、夜にみんなでぐだぐだと部屋で飲んでいるときにうちの妹アオコ(本名ちゃうで)がおもむろに言いました。

 

「ねえちゃん、太ったなあ」

「ねえちゃんは太ったらアカンねん」

・・・・・・本人自覚しとるわ。あのなアオコ、ねえちゃんももう54才や。更年期BBAや。この年になるとね、平均的な統計でも女性は腹回りに勝手に肉がついていくの。特に食べ過ぎてなくてもそうなっていくの。だから仕方ないわけ。

 

「もう諦めてしまうんかいな」

むう。確かにこのまま何もせずにいたら、腹の浮き輪はどんどんパンパンになっていくわな。正直、一年ぶりに着た水着も腹キツやったからな。もう今さらダイエットダイエットいうて頑張る必要もないし、ある程度服を着れてたらええかという気分にもなってる。ただシルエットはブサイクやし、腹を隠す服しか着られん現実もわかってる。ここでまたやるのか、やらないのか。改めて考えるキッカケになったアオコの提言はありがたく受け止めよう。

 

f:id:chikuwansai:20220821103958j:image
f:id:chikuwansai:20220821104002j:image
f:id:chikuwansai:20220821103953j:image
f:id:chikuwansai:20220821103956j:image

 

アオコが「ねえちゃんは太ったらアカンねん」と言った真意はよくわからんけど、おそらく子どもの頃から比較的細身で生きてきた私の印象が変わることに違和感があるのでしょう。いっときはガリガリやったもんな。中学生のときなんてさ(え?古い話すぎ?)ウエスト54センチで胸もまあまああったから、理想的体型やったもんな。30代前半は忙しすぎて痩せててまさに

 

f:id:chikuwansai:20220821104712j:image

 

アランジアランゾのカッパくんそっくりやったもんな。このときが人生のピークとはね。

さてどうするか。高知から帰ってからもアオコの言葉が「太ったらアカンねん、アカンねん、アカンねーん」と脳内でリフレインしている。ここで「まずはウォーキングからやっていくぞ」と考えるのは愚の骨頂。若いときならいいけれどこんなBBAがこの暑さの中早起きしてまでやれるわけがあるまい。いきなりジムやキックボクシングなどの教室に通うというのも、ダイエット継続に対して私に信頼ゼロのとーちゃんが許すわけもない。本当にコイツはやる気であると親父に信じさせるには確かなプロセスが必要。ああそんなに本気なら月に一万の教室代も無駄にはならないと思わせないと。ここは慎重に、現実的に、来年の夏に向けた1年がかりの計画にしなければいけない。私は焦らない。

 

f:id:chikuwansai:20220821105720j:image

 

食事制限には限界があるので(そんなに減らせるほど食べてないもん。酒は飲んでるけど)少しずつ活動量を増やしていくことを目標に、まずはバランスボールを再開させることにした。晩ごはんの後や朝起きてすぐにとりあえず乗る。これだけでも腸腰筋への働きがあるので、体幹が整いやすく、お通じにも良さそう。夜に泡盛を飲みながらコロコロと乗ってるだけで大量に汗をかく。暑いからだけではなく燃えている実感。「さあ、かーちゃんはやるよ!ゆっくり変えていくよ!」と親父に言うと「あんた、結婚してからそれ毎年言うてんで」と呆れ顔。まずは親父の信頼回復か。おっとその前に、電池が切れたままの体重計を生き返らせよう。まずはそこからだ。

 

2022高知旅B面。

かれこれ20年以上夏の高知に通ってきて、今年は変わらないことと変わっていることをいろいろと感じました。徳島道から高知道へと進んだ先にある大きな山々にはじまり、深く浅い緑の色、川の透明感、海の濃さは変わらず私たちを迎えてくれます。去年から2年連続でお世話になったM 旅館の居心地も料理の美味しさも変わらない(特にお米が美味。ただうちらの部屋は去年より狭くて残念)し、カフェもくもくの鰹も最高やった。同じ頃に行って同じように過ごして、「変わらない」ということはとても大事なことなんやとあらためて思います。

 

f:id:chikuwansai:20220815095607j:image
f:id:chikuwansai:20220815095604j:image

 

3日目の金曜日の朝、妹アオコと2人でみんなと別行動しました。アオコの愛車で向かったのは須崎市安和。私たちが結婚してからサイゾーと一緒に毎年お世話になっていた親戚の住む海辺のまちです。うちのお母さんのいとこにあたるおばさん(呼び名はアケミちゃん)家にお土産を持って行き近況を聞くことに。というのもずっと私たちが泊まらせてもらってた親戚のおばさん(というか現在90才のおばあちゃん)通称ターンが入院していて一時期はICUに入っていたそう。それが「もうすぐ高知の病院を出て須崎の病院に変われるみたい。自分でご飯も食べられてるらしいよ」とアケミちゃんから聞いてほっとする。90才の復活はすごい。さすがターンや!とアオコと喜び、安和の浜へ。

 

f:id:chikuwansai:20220815100428j:image
f:id:chikuwansai:20220815100430j:image

 

いつもの砂浜ではなくそこは工事中の様子。アケミちゃんによると台風対策で堤防を新しくしてテトラポットも増やしているらしい。これが完成したらかなり景観が変わると想像する。安全のためやもの、仕方ないんやな。

 

f:id:chikuwansai:20220815100645j:image
f:id:chikuwansai:20220815100642j:image

 

いつもここに泊まって一緒にご飯を食べてたくさん話をしていたターン家に寄ってみた。ターンの妹さんがまめに掃除をしてくれているらしく、主人が長らくいない家とは思えない清潔さ。ひょっこりターンが現れて「おかえり」と言ってくれそうで涙があふれる。

サイゾーが死んだ年にコロナになって、「大阪の人が来る」ことにみんなが敏感になってしまった。あれからターンと顔を合わすこともできず、挨拶もしていない。今年はようやく顔を出して少しは話ができるかと思っていたのに、結局コロナで病院へ見舞い行くこともできないまま。こんなことになるなんてと悔しくて仕方ない。ターンに頑張って元気になってもらって、また一緒にご飯を食べながらいろんな話をしたい。こんなままのお別れは絶対に許さへんからな。

 

f:id:chikuwansai:20220815101644j:image

 

最終日、みんなバラバラに宿を出て、私たちはここでガソリンを入れると決めているGSに寄りました。家族経営のガススタで奥さんに給油をしてもらいながら「これから大阪に帰るんです」と話すと「いつもうちで入れてもらってません?」と言われる。はい、毎年寄らせてもらってます。随分昔、ここのお父さんに大変お世話になったんです。

 

イタリアのフィアットパンダに乗って、とーちゃんと初めて高知に来たとき、あろうことかマフラーがバコンと外れた。こんな田舎の町にオートバックスなんてあらへん。ちゃんと点検も済ませてたのに。困った私たちが駆け込んだのがこのGSで「えらいこっちゃやな。ちょっと見たげよ」とお父さんたちが下から見て外れたマフラーを太い針金でぐるぐる巻いて固定してくださいました。すぐにお礼のお菓子を持って戻ったけど、あのときの感謝の気持ちは忘れることなく、毎年高知でガソリン入れるのはココと決めています。そういうゆかりであることは奥さんには伝えてはないけど「いやあ、もうここも閉めるんですよ。あと1年半くらいかな?40年経つからね」とのことらしい。ショックすぎるやん。来年の夏はまだ営業されてることを確認して、帰り道に「来年はお菓子を持って最後の挨拶に来よう」ととーちゃんと話しました。

 

f:id:chikuwansai:20220815103253j:image

 

高知から帰るといろんな気持ちがよぎります。楽しかったなあ驚いたなあ美味しかったなあもっとああすればよかったなあなどなど、切なさがいろんなことを思い出させます。帰ってみて驚いたのが、めちゃくちゃ虫に刺されていて、あっちこっち腫れてるし痒い痒い。親父によると「これはアブやな。こっちはブトやな」らしい。いつの間に刺されたんかもわからんのやけど、これも夏の思い出。痒みや腫れが引くころにはすっかり涼しくなって、また身近な楽しみに胸を躍らせてるんやと思います。

2022高知旅A面。

今年も8月10日から13日までの3泊4日で高知県津野町に行ってきました。2日目からはくたりー一家と妹アオコ(本名ちゃうで)が合流して、ここのところのいつも通りの川遊び中心のプランです。私ととーちゃんは初日に掃除を含む墓参りを済ませて高知の清流、新荘川に到着するや否やアズスーンアズタープを立ててスタンバイ。いうて私は何もせず、親父がせっせと1人で基地を作ってくれました。待ちに待ったこの瞬間、2人で乾杯して暑くなれば川で流れてクールダウンするだけの幸せ頂点な過ごし方。「このときのために生きてるな」と言いつつニヤニヤが止まりません。

 

f:id:chikuwansai:20220814101015j:image
f:id:chikuwansai:20220814101018j:image

f:id:chikuwansai:20220814101853j:image

 

さて翌日。早朝に大阪を出たくたりー一家が10時頃には到着。ところが彼らの到着とほぼ同じタイミングで雨が降り出し、なかなか止まない状況に。「今まで雨男は世田谷さんやと思ってましたけど、ボクなんですかね」とくたりーショボボん。ええやんええやん、どうせ流れて濡れるんやし、飲んで遊ぼうよ、と励ましていると「そうやお前が雨男なんよ」と畳みかける親父。やめてあげなさいよ。結局この日はほとんど雨で、それでもめげずに飲んで遊びました。意地でもやめねえ。

 

f:id:chikuwansai:20220814102858j:image

f:id:chikuwansai:20220814102925j:image

 

その翌日は曇りがちながらようやく晴れてみんな思い思いに川遊びを堪能。うちの親戚一家も2日連続で来てくれて一緒に過ごしたんやけど、ここの娘っ子(小学生姉妹)がまあ川から上がらない。とにかくずっと流れてる。とーちゃんが膨らませてあげたイルカの浮き輪のピースケも休ませてもらうことなく、ずっと遊び倒してました。付き合う親が大変やがな。

おっさんずのとーちゃんとくたりーも子どもたちに負けず、私たちが大人プールと勝手に呼んでいる上流を探検に。帰ってきたら興奮気味に「あのな、地元のおっちゃんがおって話ししてたんけどな、やっぱりここには鰻もカニもおるんやて。漁業権7000円払って仕掛けてはるんやて」と話すとーちゃんに大きく頷くくたりー。「来年は僕も仕掛けようかなー」やって。やめとけやめとけ、7000円川に捨てるようなもんや。

 

f:id:chikuwansai:20220814104156j:image

 

この日の夜はみんなで過ごす最後の夜なので、宿からさらに上流側にあるカフェもくもくで晩ごはん。みんなで乾杯してさあ食べよう!となった途端、くたりーの様子がおかしいことに気がつきました。「とないした?」「ちょっと具合が悪いです」と大好物のビールにほとんど口をつけずに目をつぶってストップ。お水を飲ませて「熱中症やろう」と言いつつ食事を続けました。宿に戻ってからもくたりーは先に寝て、奥さんと息子のソータロー、私たち3人で部屋に集まりクイズ大会に。これがまた大盛り上がり。1人ずつ順番に出題して獲得点数はクイズ王であるソータローが決めるスタイルです。優勝は奥さんで、小3親父は「なんかずるいわあ」とぶつぶつ。あ、お絵描きクイズでは画伯の私にみんな爆笑やったで。久しぶりに描いてやったで。

 

f:id:chikuwansai:20220814105947j:image

 

という感じで過ごした今年の高知旅A面。くたりーは翌朝完全復活して宿のご飯をしっかり食べられるまで回復してました。やっぱり水を飲まずに酒ばっかり飲んで遊び倒したらそうなるんやな。皆さまもお気をつけください。

こうして振り返るとくたりーの受難が目立つけど、それなりに楽しんでくれてたと思います。雨男を自認したから来年はきっと晴れるでしょう。続く高知旅B面はこの旅で感じた、いろいろな感情をまとめたいと思います。明日更新できる、はず!