十杯機嫌 〜飲んで飲んで、たまに犬〜

酒好きふたりと酒嫌いな犬。

1年経った犬。

あれから1年経ちました。3月1日の日曜日の朝、目が覚めたらサイザーが亡くなっていたあの日のことは、今でもありありと思い出されます。驚いた私がわたわたととーちゃんを呼びに行き、駆けつけたとーちゃんが抱き上げて「ああ」と漏らしたあの声。いつものクッションに寝かして何もせずぼんやりした時間。こういう記憶ってスローモーションになってるのが不思議。突然犬を失った私たちはコロナ禍の中で犬のいない2人の時間にどっぷり浸かり、ようやくここにきてこの暮らしに慣れてきたように感じます。

 

f:id:chikuwansai:20210228101549j:image

 

「また飼えばいいのに」とか「もう迎えないの?」と言われることがありますが、今のところは「ない」ですね。サイゾーを超える犬に出会えたら、もしくは「お前もしかしてサイゾーの生まれ変わりなのかい?」ということが奇跡的に起こったら迎え入れるかもしれませんが、まあないよね。だいたい犬に出会う場所に絶対に行かへんからね。なのですれ違うお散歩中の犬にロックオンしたら、ギリギリまで目を細めてニヤニヤと眺めて犬不足を補っています。気持ち悪いよね。

 

f:id:chikuwansai:20210228103155j:image

 

先週の日曜日はとーちゃんと大阪城公園まで梅を見に行きました。電車に乗って、歩いてね。相当な距離を歩きましたがなかなか気持ちよかったです。今度は奈良の大神神社から山辺の道を歩こうかと言うてまして、年寄り夫婦まっしぐら。「僕はもっと周りの風景を見ながらゆっくり歩きたいんよお」と親父は言いますが、「とーちゃんがやりたいのは散歩。私がやりたいのはウォーキング。だからスタコラサッサと歩きたいの」とまるで歩調が合いません。犬がいたときは犬の歩みに2人が合わせていたのだなと思いながら、足並みを揃えて大神神社を歩く日を待ってます。

親父の仕掛け。

今週、私は53歳の誕生日を迎えました。なんでしょうこの中途半端な年齢。誕生日は平日ですし、このご時世で外食することもままならず、とーちゃんに「せめて晩ごはんにええワイン開けてえなあ」とだけお願いしてました。親父は6本入りの箱で残るオレーノという赤ワインを開けると腹をくくり、「あんたもう、これ箱のまま残ってたら高う売れるのに」と一旦くくった腹を時折ゆるめてはブーブー。「別にオレーノじゃなくてええよ。カーゼコリーニとかほれ」と言うと「あーりーまーせーんーかーらー」となり、

 

f:id:chikuwansai:20210116110616j:image

f:id:chikuwansai:20210116110652j:image

 

ずっと残ってたリンゴをソースにしたポークソテーでバースデーパーリー。こうして親父メシを味わいながらささやかに誕生日の夜が過ぎました。ありがとうとーちゃん!

 

と、ここで話を終わらせたら長年やってきたワシのブログプライドが廃ってしまうのでその後を続けます。昨日の金曜日のことです。もう誕生日のことなんてすっかりぽっかり忘れていつものように会社から家に帰り(リモート始まってますがワタスはチャリ通なので普段通りに出社してます)「お腹すいたあ。チューハイ出すねー」と調理中の親父に声をかけて先に出来ているおかずをアテにプシュ。ふう極楽極楽、この瞬間のために働いてるぜえと飲んでいたら、すべて完成した料理と共に親父も席につき、録画していたプレバトスペシャルを見ながら親父メシをいただきました。いつも通りチューハイが終わったので「泡盛にしよか」と席を立ち、泡盛を取りに行ったその瞬間、

 

f:id:chikuwansai:20210116111526j:image

(写真は後から再現して撮影)

 

なんやこれ?泡盛に腕時計引っ掛けてあるで。「ふふー。ボクからかーちゃんへの誕生日プレゼント。これはG-SHOCK MINIっていうてな、軽くて防水100mやから高知の川でも平気やで。ほれつけてみ」と言う。誰が100m潜るんやと思いつつ着けてみると確かに軽い。文字盤にクセがあるから見慣れるまでちょっとかかるかなという感じ。「ありがとう。でもさ、毎年腕時計いただいてるんすけど」と言うと「ボクはかーちゃんの誕生日には腕時計をプレゼントするって決めてるの!」らしく、これからも腕時計をいただく人生らしいです。

 

f:id:chikuwansai:20210116112200j:image

 

この親父が仕込んだ意外な展開をインスタにアップしたところ、女性のお友だちから「とーちゃん粋な渡し方!」「とーちゃん素敵」と絶賛され、男性陣からは「時計のセンスがいい。さすがとーちゃん」とお褒めいただきました。ありがとうございます。てか褒められてるのとーちゃんやしな。なんか悔しいな。

しかし待てよ、とワタスも考えた。この親父の作戦は、泡盛に引っ掛けてる時計に「私が気づかない」ことを前提にしている。実際私は泡盛を取りに行くまでこの存在に気づかずにプレバトを見ながらウヒョウヒョしていたけれど、親父には勝算があったのだろうか。「なんであそこに引っ掛けようと思たん?」と聞いても「いや別に」とゴニョゴニョしよる。うーん、腑に落ちん。

 

f:id:chikuwansai:20210116113245j:image

 

私がテレビを見てる視界はこんなので今思えば気づきそうなもんやのにはて。え?それより酒の量よって?そこはスルーでひとつよろしく!

 

親父、ジムで女性に話しかけられる。

サイゾーが亡くなってからとーちゃんは近所のJOYFITという24時間スポーツジムに通い続けています。最初は平日だけでしたが最近は土日でも予定次第で「じゃあ朝のうちちょっと行ってくるわ」と9時頃からお昼くらいまで出かけるようになってます。ジムに行き始めてもう9ヵ月くらいになり、上半身に随分厚みがついてきました。ほんと、筋肉は裏切らないねえ。「今日はバーベル100キロ超えたんよ」と親父メシを食べながら報告を受け、「ふうん」とその価値がわからない私は生ぬるい返事をするのみですが、おそらくきっとすごいことなんでしょう。「僕がバーベルをどんどん重くする姿を若いにーちゃんが二度見してるからな。けけけ」と筋肉をつけても性格の悪さは健在です。

 

f:id:chikuwansai:20210111144110j:image

 

その日もいつものように親父メシを食べているととーちゃんが切り出しました。「今日さあ、ジムで筋トレしてたらさあ」「ふんふん」「おねえちゃんがつかつかと寄ってきたんよ」「おねえちゃんってジムのスタッフ?」「いや違う、会員のひと」「若いんか?」「それがマスクしてるからわからへんねんけど、まあ30代くらいかなあ?」「若いがな」「話したこともないひとやねんけど、ちょいちょい見かける人でな。仕事を抜けて昼休みに来てるみたいで」「真面目でエライがな」「僕が知ってるだけでも随分スマートになりはった感じやねん」「ストイックやなそのおねえちゃん。ほんで何の用やったん?」と聞くと、

 

f:id:chikuwansai:20210111144559j:image

 

「そのスニーカーかわいいですね!どこのですか?て聞かれたんよ。びっくりしてさあ」と親父はうれしそうに話す。そのとき履いてたのがこの白のハイカットのadidas。私にプレゼントしてくれたスニーカーですが、親父もよくジムに履いていってるらしい(せやで、足のサイズほとんど同じなんやで)。「ほんでなんて返事したんさ」と聞くと、どこで買ったか、いくらくらいやったか、他にもカラーがあることなど、大したボケも切り返しもなくまじめに答えて「そうなんですね、ありがとうございます」とおねえちゃんはたったと持ち場のマシンに戻ったらしい。「・・・そんだけかい?なんか発展はなかったんかい?」と「いやそれだけ」やって。いざとなったらでけんへおっさんやで。会話広げるチャンスちゃうんかい。「そういうこと禁止されてるからさあ」とまんざらでもなさそうでした。

しかしそのおねえちゃんも、よっぽどこのスニーカーのことが気になったんやろうなあ。でないとこんな親父に声かけようって普通思わんよね。最近はこのジムのスタッフの人とも少し会話をするようになったらしくて(JOYFITはスタッフがレクチャーしないシステム)、筋肉を増やすだけじゃなくてこの町に知り合いが増えるのも良いことやなあとこっそり思っています。

 

ジェットコースター2Days

新年早々やらかしました。私、財布を落としました。今回のブログはその経緯と私が取った行動と感想と反省を交えてまとめていきます。万一皆さんが財布を落としたときに役に立つかもしれませんが、まあ落とさないことを願います。長くなるヨー。

 

その日、とーちゃんから「コンビニでサラダ買ってきて。できれば2種類」とLINEがあり、会社を出て隣のコンビニへ。ここには袋入りサラダが1種類しかなかったので、帰り道のどこかのコンビニに寄ればいいやと自転車の紺太郎にまたがり家に向かいました。途中のセブイレでサラダを買い108円払ってサラダと財布をカバンに入れました。ここまでははっきりと記憶があります。その後帰宅してサラダをとーちゃんに渡し、何事もなく過ごしました。財布が無いことに気づいたのは翌朝。通勤途中に立ち寄った郵便局で気づき、ここで初めて焦りとまさか?な気持ちが湧き上がります。念のためとサラダ買ったセブイレで聞いてみましたが「ありません」とのこと。もやもやしながら会社に行き、どうしても外せない打ち合わせに参加してお昼休みに「家にあるか見に行ってくる」と戻りました。財布の中には運転免許証、社会保険証、銀行カード、クレカ、Tカード、ポンタカード、ライフのポイントカードと私の生活に欠かせないものがすべて入ってます。失くしたとなると根こそぎです。真っ青です。

 

家になかったら落としてるのは確定、と頭の中で状況を整理しながら自宅に戻り、確認したらやっぱりない。ここまでくると事態が明確になるのでもうドキドキとした不安よりも何をやるべきかが湧き上がってきます。メインバンクの2行とクレカ会社に電話をして口座を止めてもらうよう依頼。ちなみに銀行はカードが出てきて再開するのも再発行になってもどちらでも窓口に届いた書類とハンコを持って手続きしないといけないそうてす。その一方でクレカの手続きは端的かつ明快。「それでは1週間から10日で新しいカードをお届けします」と話が早い。ネットで買っているやつのカード番号を変更せなならんけどそのくらいなんてことあらへん。銀行、ちょっと見習えよ。そうそう、この段階でいずれも「利用された形跡はない」とのことなのでかなり安心しました。

 

ひとまず3件の電話を済ませてから警察へ。紛失届を提出して「財布が出てきたらご連絡します。今のところ該当するお届けはありません」となり、会社に戻りました。もうこの頃の私は随分落ち着いていて、ひとまずやることやったし、出てけえへん前提でいろいろ準備していこう。連絡を待つのは1週間程度かな、と考えはじめていました。それでも落ち込む気持ちや「あの財布高かったのにクソっ」という誰に当たるでもない腹立たしさが込み上げ、どうどうと自分を落ち着かせていました。とーちゃんには「行動をちゃんとしなさい。僕なんか酔っ払ってても財布だけは気にしてる」と注意なんだか自慢なんだかを受け、シュン太郎になったりもしました。

 

ポイントカードには結構ポイント=ゼニが入っていたので仕事帰りにライフのサービスカウンターに行きました。事情を話して「免許も社会保険のカードも無いので私の身分を証明することがでけへんのです」というと、何ができるか考えてくれるライフのおねえちゃん。「とにかくポイントと入ってる現金だけ止めてくれたらいいよ」というと、「ここで新しいカードにそのポイントを移行しましょう」と登録内容の簡単な確認だけで再発行してくれました。100円の新カード代だけでスピーディーにやってくれて助かる!これはかなりうれしい出来事でした。特別な計らいやったかもしれんけどありがとうやでライフ!

 

翌日、もう気持ちも落ち着き、いつも通りに会社で仕事をしていました。お昼前に電話が鳴り、「○○さーん(私やで)、西警察からお電話でーす」と呼ばれた。うちのコのほとんどが私がやらかした事態を知っているので、「おおーっ?」と声があがり、皆が私を注目かつ耳をそばだてる中電話を取る私。はい、出てきました財布。男性が届けてくださったこと、引き取りには私の住所が書いてある郵便物を持参することなどの手続きを聞いて電話を切り、「財布出てきたそうです。お騒がせしました」と言うと湧き上がる拍手とともに「よかったですねー!」と声をかけてくれるうちのメンバー。ドラマかよ。中身がどれだけ残っているのかはわからないけど高級財布は戻ってくることは確か。平日のみの対応なので「明日の朝警察に行ってきます」となりました。

 

引き取りの手続きはかなり簡単で、あっという間に終わりました。届けてくださった男性は名乗られておらずお礼は辞退されていること、落ちていた場所の住所を警察から教えてもらいました。受け取り後に中身を見ると、現金は丸ごとなくてカードや免許証などはそのまま残っているようでした。届けてくださった方が拾った場所は私が普段行かないところで、私が立ち寄ったセブイレから西へ500mあたりでした。このことから推測すると

 

私はサラダをセブイレで買った際、先にサラダをカバンに入れてその後財布を入れた。その時の押し込みが弱く、サラダの上に載ったような状態で自転車をこぎ出した。

 

カバンは上が開いている斜めがけタイプで、カバンを無意識に動かしたり段差の弾みかの何かの拍子でカバンから財布が落ちた。私は気づかずに走って行った。

 

第一発見者は財布の中から小銭を含む現金4000円程度とJCB商品券1000円分のみを抜き取り、捨てた。

 

この財布に気づいた方がわざわざ警察に届けてくださった。

 

というのがほぼ間違いない筋だと思われます。財布を失くしたと気づいてからの2日間はまさにジェットコースターのように沈んだり浮き上がったりする心象でした。あのとき袋をケチらずにサラダを買っていたら、セブイレじゃなく違うコンビニで買っていたら、もしくはとーちゃんの注文がサラダ1つだったらこんなことにはなってなかったのかもしれません。神様からの何かの訓示なのかなあと思いつつ、「財布やスマホはカバンの中にしっかり入れる。確認する」ことを徹底していきたいと思います。Twitterでもたくさんの方にご心配いただきありがとうございました。皆さんもお気をつけくださいね。「財布とスマホはカバンの奥へしっかりと!」

 

f:id:chikuwansai:20210109110448j:image

f:id:chikuwansai:20210109110344j:image

大掃除振り返り。

明けましておめでとうございます。といっても今日は3日。明日から仕事ですわよ奥さん。子どもの頃に感じていた年越しのときめきはどこへやら、ただ淡々と平等に時が過ぎ、2021年を迎えました。

前にも少し書いたように、今回の休みは年末が6日間と長かったので、ちょいちょい飲みに出たりしながらもほとんどを大掃除に費やしました。我が家の大掃除のメインはキッチン、リビング、ベランダで、ほかに寝室、ストックルーム、トイレ、風呂となります。年末の休みに入る前に、まずカシコな私が寝室とストックルームに取り掛かりました。不要なものを捨ててスペースをつくり、そこにはみ出して置きっぱにしていたものを片付け、床の拭き掃除とワックスかけで締める。これだけでずいぶんスッキリ。ここを早めにやっておけば年末はラク、ということが今回の学びのひとつです。

 

f:id:chikuwansai:20210103084332j:image

 

こちらが今回の相棒です。アルカリ電解系、セスキ、ガラス用、床用の4種を使い倒し、これとは別に超強力油落とし(換気扇用)を使用しました。とーちゃんも私の「大掃除やるで!」モードにきちんと付き合って一緒にやってくれるのがありがたく、2人で場所を分担。仕事が細かいとーちゃんはリビングの窓と床、ベランダ、天井のライト、キッチンの換気扇、トイレ、風呂を主に担当し、雑い私はそれ以外をやります。もうこのあたりは阿吽の呼吸で、とーちゃんが窓をやるなら私はキッチンと場所が被らないようにリレーション。お互い邪魔しないように自分の持ち場を自分のペースでやる、というのがルールになってます。

 

f:id:chikuwansai:20210103085312j:image

 

キッチンは換気扇以外を私がやりますが、このめんどくさい換気扇は親父の担当。ややこしいカバーを外して中身を取り出し、パーツごとに洗いをかけます。「今回はこの隙間を洗うのに秘密兵器考えてるんよ。かーちゃんのコットンちょうだい」と言うので渡したら、割り箸の先にコットンを輪ゴムで止めて道具を作ってました。えらい。大掃除とはこうして毎年やり方を進化させるもの。「このコットンより高級キッチンペーパー巻いた方がよくね?」と私もアイデアを出しつつピカピカに磨いてくれました。ありがてえ

 

f:id:chikuwansai:20210103085827j:image
f:id:chikuwansai:20210103085823j:image

 

今回スムーズに大掃除が進んだ理由には、時間があったことだけでなく、道具によるものも大きいと感じました。例えば拭き取り用の雑巾は、出来のいいものほど時間が短縮できます。洗剤で汚れを落とした後の仕上げに、このピンクと水色の「つるんとした」素材の雑巾で磨くと白浮きせずにピカリ。素晴らしい!ワンダフル!あまりに便利なので毎日掃除が終わったら洗剤でゴシゴシ洗って干して翌日に備えました。もちろんいつもの高級キッチンペーパーはズタボロになるまで使い倒し、「もう無理っす」と言わせてようやくゴミ箱にポイ。そうそう、今回ようやく踏み台を買ったので手が届かなかった高いところの掃除がぐんとスムーズになりました。やっぱり道具大事。今回のこのたくさんの収穫を無駄にせず、今年の年末はさらに進化させて効率的な掃除にしたいものです。てか年末だけやなくてマメに掃除せえって話やなこれ。

今年の漢字で総括。

おはようございます。大晦日の朝です。1年があっという間やと毎年毎年言うてますが、例に漏れず今年もあっという間でした。コロナによって生活が不自由になりましたが、私は幸いにも出勤できたのであまりダメージがなく、夏にも秋にも旅に出ることができてそれなりに楽しめたかなと思っています。正しい情報をキャッチして、正しい行動に努めながら、すり抜けるようにおもしろを作っていける、ということはわかったような気がします。

 

f:id:chikuwansai:20201231102939j:image

 

先日、とーちゃんと「自分にとっての今年の漢字は何か」という話をしていました。わたしはね、世の中を一言で表すなら「乱」。いろいろなことが「乱された」、楽しみにしていたことが「乱された」(変更を余儀なくされた)ことがたくさんありました。サイゾーの思いもしない死も「乱」のひとつです。そして自分の仕事だけで考えてみると「応」だったかと思ってます。今年はほんとにいろんな新しい仕事をいただき、また相談事も多かった。コピーライターという仕事はフロントマンの役割があって、いわゆる窓口としてクライアントと向き合います。何に困っているのか、予算と納期はどのくらいか、ヒアリングを重ねてその中でのベストなコミュニケーションを考えていきます。そういう相談事がたくさんあったし、またその気持ちや期待に「応」えられた一年やったかなと思う。これまでコツコツとやってきたことが認められたり評価されることも多かったしね。ありがたく思いつつ、調子に乗らずに来年もひとつひとつ丁寧に向き合って、「応」えていきたいと思ってます。

 

f:id:chikuwansai:20201231103936j:image

 

今年の年末年始の休みは年末が長かったので大掃除に明け暮れました。時間があるだけやってしまうこの性よ。おかげで普段手をつけられないところまで掃除できて満足してます。大掃除のコツを掴んできたのでそのあたりはまた追ってお伝えするとして、ひとまず2020年を締めましょう。

何が起こるかわからない現実を見せつけられた一年でした。常識が変わっていく中で、自分にとって大切にすべきことを改めて考えました。仕事と生活の守るべきもの、時間を作ってでもやりたいことは何かを考えました。結局あんまり今までと変わらなくて健康第一、仕事もプライベートもおもしろ第二で来年もやっていきたいと思います。皆さんもお健やかにおもしろいっぱいの一年になりますように。親父共々よろしくお願いします!

捨てたもの。

おはようございます。26日の土曜日です。昨日が仕事納めで、今年の仕事が終わりました。あっという間すぎたこの一年の振り返りはまた改めるとして、今日のテーマは粗大ゴミ。今年はいつも以上に早くから段取りを考え、今週水曜日の23日にすべて出し切りました。

この粗大ゴミ、出し方は自治体によって違うんでしょうけど我がアーバン大阪市はネットで申し込めるようになっています。普通ゴミで出せるのは30センチ四方まででこれを超えると粗大ゴミ。申し込みサイトではひと通りのリストがあってそこから選べるんやけど、まあピッタンコしないんよね。リストに出したいものが無いんよね。「無いのう」と思いながらページを見ていると自由表記の欄を発見。ここに商品名とサイズを書いてその大きさから金額を弾き出し、ようやく申し込み完了!となりました。

 

f:id:chikuwansai:20201226091519j:image

 

今回出したのは全7アイテムで、そのうち4つがサイゾー関連のものです。会社に置いていた(高知行きにも使っていた)キャリーハウス、トイレシートの台、夏用クッション、目が見えなくなったサイゾーのためにとーちゃんが用意した段差を埋めるやつ(これがまたデカイ)を捨てました。「え?これも捨てるの?」と親父に言われましたが、主人のいないものを置いててもしゃあない。「全部捨てる!」とたったと決めて段取りしたわけです。よく見たらクッションにサイゾー汁が染み付いていたり、ハウスの中に汚れがあって、あいつの生きた印を最後に目に焼き付けました。捨ててしまえはただのゴミ。ガシャンと潰されて何事もなかったかのようになるんやなあと改めて思いました。

 

f:id:chikuwansai:20201226092545j:image

 

あ、この度使いもんにならんようになったデカすぎるカーゴ(というかリヤカー)をやっと捨てられてスッキリ。ポーチに置きっぱなしにしていたものがなくなって「これでいいのだ」の気分です。