十杯機嫌 〜飲んで飲んで、たまに犬〜

酒好きふたりと酒嫌いな犬。

メイクと札幌行きのこと。

最近、メイクやスキンケアの商品が気になるようになりました。CMで極細のマスカラを見て気になったり、携帯用のぽんぽんするお粉を購入したり。年明けからのマツイクもちゃんと続けていて、かつての私には考えられない気の入りようです。この要因はBBAゆえの劣化を食い止めるためのものなんやけど、これまであまりにも無頓着だったのでまったくメイクをわかってない。メイクスキルを持ち合わせてない。イチから勉強やと思っていたら、なぜ私がそうなったのか理由がわかったのです。ヘアスタイリストのエイジが教えてくれました。

 

f:id:chikuwansai:20180218083132j:image

 

エイジは私と同い年の50歳。髪をカットしてもらいながらメイクでけへんでさあと話をしてたら、「それね、僕らの世代は多いですよ。ちょうど僕らがハタチになった頃ってナチュラルメイクの全盛期で、眉は太めが流行ってましたし。あんまりメイクをしない風潮やったからよく知らない人が多いんじゃないですかね」と言う。なるほどエイジ。そうやったんか!あたしだけやなかったんやな!ならばここで提言しよう。世の中にあるメイク雑誌はヤングをターゲットにするんじゃなくて今こそアラフィフを対象にすべきではなかろうか。アイテムも増えてることやし、全部基礎から教えてほしい。何のためにあるものでどう使うのかを徹底し、さらに「シミを隠す、消す」「目を大きく見せる」とテーマをBBAフォローに徹するべきではなかろうか。それと大事なことはBBAは重くて大きな荷物を嫌うので本のサイズと重量、もちろんフォントサイズも検討してや。きっと売れる。ちゃんと作ったら売れる。

 

f:id:chikuwansai:20180218084240j:image

 

そんなことを真剣に考えてましたが、今また新たに重要かつ深刻な悩みを抱えています。実は今週金曜日に札幌に出張となり、せっかくなので泊まりにして金曜日の夜と土曜日の朝をフリーになるようにしました。何が問題って寒さ対策よ。マイナスの気温に何を着て行ったらいい?靴はどうする?どんだけ寒いの?我が家にあるものでどれだけぬくぬくコーデになるかを考え、途方に暮れています。やっぱり最高級のヒートテック買おうかなー。いるかなー?

 

 

親父の欲ボケた夢。

とーちゃんの夢はいつもかなり欲ボケています。あるときは毎年9億円が名も知らぬ方から振り込まれる夢、そのお金でマンションとクルマを買うことになり、車種で私と揉めるイヤに現実的な夢、ありあまる金で高知に別荘を買い、友人たちを豪勢にお招きしている夢などなど聞いてるだけでも相当な欲ボケぶりです。「あんた、ほんま金にギラギラしてるな」と言うと「違うんよ、なんか知らんけどお金くれるってことになるんよ」ってそれあんたの本質的な欲望やないかい。「ほんでさかーちゃん、また不思議な夢を見たんよ」と言う。今度はナンボもろたんや。「ちゃうねん、アンダーアーマーから電話がかかってきてん」

 

 

f:id:chikuwansai:20180213214829j:image

 

 

その夢によると、とーちゃんにアンダーアーマーの担当者から電話があり、「インスタをいつも拝見しています。ナイキがお好きなんですね」「ええまあ。アンダーアーマーさんも好きなんですよ。アディダスも好きですけど」などと返すと「うちの商品を送るのでぜひそれを着てインスタにアップしてもらえませんか」と頼んできたらしい。「とーちゃんなんてフォロワー少ないのに意味ないやん」と言うと、「そうやねん。でもボクに着てもらいたいって言うんよ」。そのあたりが自分都合の夢ってことやな。ほんで? 「でさあアンダーアーマーからホンマに荷物が届くわけ。こんな大きいダンボールでさ、服だけでなく靴や帽子やいろいろ入ってるんよ」。その服やアクセサリーを身につけて毎週1日必ずインスタにアップしていく親父。しかし毎週大きなダンボールが届くらしく「ちょっとそれうちの狭い家のどこに置くんよ。迷惑な話やんか」と私が口を挟むと、「そうやねん。夢の中でもかーちゃん怒ってるねん。これどうすんのよ!言うてさ」と私のキャラはかなり現実に即しているらしい。「ほんでさ、毎週1日写真あげるのも面倒になってどうしようって言うて目が覚めたんよ」。

 

アンダーアーマーさん、商品送っていただくのはかまへんのですけどね、せめて月一ペースにしてもらえませんかね。毎週届けていただいても結局メルカリに出してしまいますからね。そやけどうちの親父に着せたところでなんの影響もないですからね。ああ親父の自分勝手な夢でしたね。ちなみに私がプレゼントしたアンダーアーマーのタイツは「もったいないんよ」言うて3回くらいしか使ってないそうです。タイツだけでもいただけたらこのおっさんたいそう喜びますw

 

はたちのころ。

私は短大(しかも家庭生活学科やで)を卒業した20歳のとき就職が決まってませんでした。今ほどしっかりきっちりしたキャリア教育がなかったから、というよりナメてたんやろな。なんとかなるわと思いながら就活をちゃんとせず、卒業後はぷーぷーしてクルマの免許を取ることに精を出していました。そのうち短大に呼ばれて追加の求人票を見せられ、カメラスタジオの事務職として就職。社員10人くらいの小さなスタジオで、ひとり事務員として見よう見まねで会計の仕事をしてました。経理の仕事って基本ルーチンなのでそのうちある程度できるようになって(てか今みたいにパソコンでやるんと違う、全部手書き。振替伝票も給与計算も手書きなんやで)、会計士さんに「あんた見込みあるから資格取り」と勧められたけど「いやあ、よろしいわ」とお断り。ナメてるよね、いろいろね。

 

f:id:chikuwansai:20180211095141j:image

 

いろいろあって2年弱でそこを辞め、経理ができるというスキルだけで広告制作会社の営業事務に転職しました。このときで22歳くらいか。デザイナー、コピーライター、カメラマン、スタイリストを抱える割と規模のある会社で若いスタッフが多く、まるで学校みたいな感じ。上司は優しいし、決まった仕事をやったらスタジオに遊びにいってスタッフを冷やかしてました。ほんまナメてるよね。気楽な仕事でしたがとにかくヒマでそれでも危機感もなく、要は何も考えずにぷーぷーしてました。そんな風にある日打ち合わせテーブルでぷーぷーしていたら、外部スタッフのコピーライターのお姉さまがたまたま打ち合わせに来られてて少し雑談。そのときそのお姉さまに「あなたコピーライターになったらいいのよ。この仕事は女性に向いてる仕事よ」と言われました。私が?コピーライター?考えたこともなかった。でもやってみたいな。どうやったらなれるのかな。と考えてそこを辞め、就活を本気ではじめました。ものすごい単純でシンプルなきっかけでした。

 

f:id:chikuwansai:20180211100210j:image

 

当時の女性の転職といえば雑誌の「とらばーゆ」頼み。発売日の朝に買いに行き、数少ないコピーライター初心者可の求人を探してはアタック。あまりにも決まらなくて「そろそろ宣伝会議のコピーライター養成講座にでも通おうか、とりあえず」と考えはじめた矢先にポンと決まったのが今の前の会社です。企画制作会社、とはいえ社長と先輩のコピーライターのお兄さんのみの小さい小さい会社でしたが、社長は私に経理を兼任させたかったという目論見でどうやら採用されたらしい。無事にコピーライターアシスタントとして就職でき、ぷーぷーしていた毎日が嘘のように実地でがんがんがんがん鍛えられました。当時24歳。ちなみに今のうちの会社のボスは、このときのコピーライター兄さんです。

 

f:id:chikuwansai:20180211100856j:image

 

今思えば、あのとき決して楽しくはなかったけど経理の仕事をしてたから営業事務にもなれたし、それが結果買われてコピーライターに転職できたことになります。運が良かっただけかもしれんけど、私がやってきたことは遠回りじゃなかったんやとつくづく思う。今の若い人は社会経験のない学生のうちから「自分の適性」とか「やりたい仕事」とか「めざすキャリアプラン」とか考えさせられて大変やなと思う。まずわからんやろう、そんなこと。だからとにかくバイトでもなんてもやってみてその世界がアリなのかナシなのかを自分で取捨選択していくしかないかなあと思う。ただ仕事の本質はある程度やらんとわからんものなので、バイトならせめて1年はやってみた方がええかな。どんな仕事にも適性はあるもんね。私は絶対接客系は無理です。仕事ではきちんと人と話すしコミュ力はある方やと思うけど、初対面の人と話すのがとりわけ好きなタイプじゃないもんね。

どんな経験も絶対ムダにはらないことはこの身をもって証明します。わからないと留まっているならまず何でもいいから動いてみることが、やりたいことを見つける近道なんやとかつてぶーぷーしていたBBAは知っています。そして私もいつか、あのとき指南してくれたお姉さまのように、誰かにこの世界の素晴らしさを伝えられる人になれたらと思います。

 

 

親父ユーチューバー計画。

こないだ、とーちゃんと飲んでるときにふと思い立ったのです。「このおっさん、ユーチューバーにして儲からへんかな」と。ご存知の通り芸能ネタ以外はたいがいのことを知ってる雑学博士。どんなネタの玉を投げても(それは必ずしもヒットではないけれど)何らかの返しは必ずあります。このキャラをこのまま無駄に置いておくのもしのびない。「あんたーユーチューバーやってみいや」と言うてみたところ「ん?ボクの顔出しはあかんで。命狙われる」と訳のわからんことを言うてましたが、マスク被せたらええか。まあユーチューバーが何のことかもわかってないと思うんやけど。

 

 

f:id:chikuwansai:20180207215334j:image

 

そんなことを今日、コピーライターメンバーが集まるランチで話してみました。「いや、とーちゃんほどのキャラやったらいけるでしょユーチューバー」というのがみんかの総意のよう。「じゃあさあ、どんな撮り方したらええと思う?」という話にみんなやいのやいの。我が家は8時半頃から飲んで食べてること、テレビ見ながら好き勝手なことを話してること、缶チューハイから必ず泡盛を飲んでることなどなど。「その飲んで食べてるところを生放送したらどうっすか?」とうちの男たちが言う。うーん、おもろいかなそれ。と考えてみた。

 

f:id:chikuwansai:20180207220849j:image

 

「例えばこういうことがあるんやけど」と私から切り出したのが月曜と火曜の夜の過ごし方について。

月曜9時は吉田類の「酒場放浪記」、火曜10時は太田和彦先生の「ぶらり旅いい酒いい肴」を必ず見てるんやけど、これが同じような趣旨の番組ながら全然違ってさ。まあ吉田類の番組について文句言う言う。酒の順番が違う、行儀が悪い、注文もお店任せかい!などなどついつい突っ込んでしまうわけ。とーちゃんはそれを言うのがプレイとして楽しいらしいねん。太田和彦先生の番組はその土地の旬の食べ物やら店情報やら学ぶこと多いけど類には無いねんな。そんなやいやい言うてるシーン撮ってみたらおもしろい? と聞いたら「それいいっすやん」と男たち。「カメラを天井から定点で吊るして撮りましょう。まずは2人のやりとりを生でやってみたらいいですやん」となったところでランチタイムは終了。え、そうなん?

 

f:id:chikuwansai:20180207220624j:image 

 

こんな天井からのただ飲んで食べてるシーンでおもしろいんやろうか。そらたまに親父踊りだしたり落語始めたりエアギター弾き出したりするけどこんなユーチューバーでチャリンチャリンなるとは思えんなあ。まあ一回試しにやってみるかな?私含めて暴言リスク高いから生放送は無理やろうけどw

ハクサイに告ぐ。

昨日とーちゃんと外で飲んでるときに、嫌いな食材の話になりました。私は白菜が好きじゃない。味がどうのこうのというより白菜の存在が好きじゃないのな。「お鍋?あたしがいないと始まらないでしょ?」な主役感。「冬といえば大根よりあたしでしょ?」な図々しい感じがどうも気に入らん。食べられないわけでないし、もちろんお母さんが作る白菜のお漬物は史上最高なんやけど、白菜が好きかと聞かれたら(誰もそんなん聞かんけど)存在が嫌いと答えます。

「かーちゃんは何もわかってないわ。図々しいのは白菜より春雨やマロニーや」と親父がふんふん息荒く返してくる。「だってなあ、あいつらは自分に味がないんやで?肉からエキスもらって自分の味にするんやで。その主体性のなさ、他力本願なやり方、どない考えてもボクは意味を感じひんな」と声を荒げる親父。なるほど、言うてることはわからんでもない。でもな、マロニーや春雨は残念なが中心になる食材じゃない。‘あったらいいね”な脇役中の脇役や。彼らと白菜を同じランクに並べるのは私は違うような気がする。「白菜もな、味ないで。他力本願チームや」とお互い平行線。

 

f:id:chikuwansai:20180205230358j:image

 

「あんたは白菜の美味しさをわかってないねん。冬の霜が降りたときの白菜の、中心の黄色いところをフグのぶつ切りの身とポン酢で和えて食べるのがどれだけ‥」わかってる。皆まで言いな。白菜の醍醐味はあの黄色いところやと知っている。だからこそ白菜に言いたい。黄色いところも無く未熟な状態やのに、2分の1のサイズで500円も取るなと。「無いと困るでしょ?」と4分の1のサイズで200円以上も値つけて出てくるなと。そこまであんたのこと求めてへんで。無くてもやっていけるんやで。ええか白菜、私に認めて欲しかったら、値段下げて黄色い美味しいとこつけて出直しや。今のあんたでは鍋すら出番なしやで。早うせなあんたの旬逃すで。

ルミ子はなぜ若々しいのか。

「かーちゃん、ボク欲しいものがあるねん」と果てしない物欲をもつとーちゃんが話しかけてきた。「またかいな。今度はなんや」「今日さ、ルミ子がテレビに出てたやん」「ああ、ちょっとだけ見たわ」「ほんでな、なぜルミ子はそんなに若々しく美しいのかっていうテーマになってな」「そらあんた、ルミ子ほどにもなればかけてる金が違うわな。もうあれやこれや」「ほんでなルミ子、ナイショ言うて教えてくれへんかったんよ」「ルミ子もそらテレビで言われへんことをあれやこれや」「ところがひとつだけ教えてくれたんがこれやねん」と見せられたのが足首や手首につけるオモリ。ウエイト言うらしいけど単なるオモリ。「ルミ子これ付けてるんやて。すごいやろ。片方2キロやで。ボクこれ付けてウォーキングしようと思うねん」。2キロて結構あるで。こんなん付けて歩けるんやろか?「3キロのもあってんけどよう考えたらうちの猪木(ダンベルやで)も3キロやん。さすがに無理やと思うから2キロにしようと思ってな」。とーちゃんイメージによると、オモリを付けてしばらくウォーキングをして、外したときには少なくとも倍のスピードで歩けるようになってるプランらしい。「そらもつすごいで。ピューっと行くで」って漫画か。「で、なんぼすんのそれ」と聞くと、4000円くらいと言う。「両足でやろな」「もちろんや」「ほならかまへん。あんたルミ子効果でもう売り切れちゃうか?」と再度見たところまだ在庫ありで買えるという。「ちゃんと付けやー」と念をおして購入しました。

 

 

f:id:chikuwansai:20180204101220j:image

 

そしてさっき届いたオモリがこちら。あのな、重いわ。持っただけやけど想像以上に重いわ。これ足に付けて歩くてか?無理無理。さしずめよちよちの生まれたての子鹿状態かトボトボの奴隷さんになるて。私は休日に家の中で付けてみようかと思ってたけどそれすら無理ちゃうかな?とーちゃんはプラン通りオモリを付けてウォーキングできるのでしょうか。果たしてどうなることやら。この子をルミ子と名付けて様子を見ることにします。しかしルミ子、意外と地味な美容法なのねー。

悩ましい2月。

すっかりご無沙汰となりました。いやね、インフルにかかってしもてね。もうすっかり元気なんですが青天の霹靂、ノックもせずにあいつは突然やってきた状態。ノックくらいしてんかほんま。泊まりの東京出張のどこかでもらってきたようで、5日間の出勤停止です。3日目くらいに熱が下がったので「会社にこそっとパソコン取りに行くわ」とうちの女子に言うたら「来ないでください。持って行きます」とピシャリ。嫌われ者の気持ちがよくわかりました。

 

f:id:chikuwansai:20180202094611j:image

 

インフルの間は食っちゃ寝だけの生活で、とーちゃんに「お腹減ったおかゆ作って」と言えば出てくるプリンセスでした。味覚が変わるのかやたら甘いものを欲しくなってジュースやお菓子を食べてたなあ。そんななのに体重を計ってみたらものすごい落ちてて「ヤッター!インフルも悪いことばっかりやないな!かまへんかまへんウエルカムやー」と喜んでました。これで夏までのダイエットはチョロいと目論んでたのもつかの間、回復後に計ってみたらなんてこたあない、元どおり。

 

f:id:chikuwansai:20180202095006j:image

 

「どう思う?やっぱり細胞内の水分の差なんやろか。かなり汗かいてたしなあ」と泡盛を飲みながらとーちゃんに聞くと「熱が出るってことはものすごいカロリーを使うんよ。それでちゃうか?」と言う。こんな数キロも減らす威力あるんか熱。「決めたわ。2月1日を持って本気でダイエット開始します(`_´)ゞ」と宣言したら「なんでまた」「そら夏にやな、割れた腹でいたいからやないかいさ」「腹出すの?かーちゃんが?くくく」「あなたが望むなら出すで」「望みませんけど。くくく」やって腹たつわ。

 

f:id:chikuwansai:20180202095856j:image

 

「そやけどあんた、糖質制限で8月をピークに持っていくんやったら2月開始は早すぎるで。せめて春からでええやろ」確かにそれは思ってた。半年も本気でやり続けるのは不可能や。「かーちゃん歩きなさいよ。会社までちょうどええ距離や」と親父は勧めてくるけど歩くのキライやしなあ。なんせ辛気臭いんよなあ。景色がなかなか変わらんのがイラつくんよなあ。

今より早く起きるやん。お粥を食べて身体をあたため、サイゾーの軽い散歩済ませて、自転車からウォーキングに出勤形態変えて活動量増やして、昼と夜は糖質抜いたらそら痩せるわな。あれやな、これ健康すぎて死ぬパターンw  さーてどうしますかね。ドラスティックに変えな何も変わらんもんな。悩ましい2月のはじまりです。