十杯機嫌 〜飲んで飲んで、たまに犬〜

酒好きふたりと酒嫌いな犬。

チョーさんになった犬。

今夜は親父が外出なのでもういっちょ書きます。この木曜日の夜、仕事を終えて会社を出る前にとーちゃんに電話したら「LINE見てないの?サイゾーがすごい具合悪そうやねんけど」と言う。状況を聞いてから主治医テンダラー先生の病院に電話をするも、診療時間外でもう診てもらえない。たまたま帰りかけのうちのボスに家までクルマで送ってもらい、急いで家に帰り、すぐさまサイゾーを抱いて救急病院へ。

 

症状は左側の口が腫れてぶりんと中の部分が見えていること、昼ごはんも食べずまさに死んだように昼から夜までに寝返りも打たず寝ていたこと。この救急病院はテンダラー先生と同じ系列の病院で「いつもお世話になっています」と受付に伝え、しばらくして診察室に通されると意外にも若い先生が出てきた。「で、口が腫れてるんですね」と言うので、「ちょっと経緯を説明させてください」と去年の秋にCTを撮ってどこも悪くないと言われたことから大まかな要所を伝える。病気や異変はそういう背景の情報から察してもらわんと間違えることもあると私は思ってる。短絡的に判断されたらかなん。「わかりました、じゃあ口の中を見ます」と嫌がるサイゾーを抑えつつ覗いてもらうと「確かに腫れてますね」(そらそうやろ)「とりあえず抗生物質を入れましょう」「それって副作用はないの?」「大丈夫です。この子は薬を口から飲めますか?」「無理ですね」(だいたい食事もでけへん言うてるやんけ)「じゃあ注射にします。2週間効く抗生剤をいれますね」「はい、お願いします」「くわしい腫れの原因は主治医の先生に調べてもらってください」(お前はそこは調べんのかい)「わかりました。で、この腫れの原因は何やと考えられますか?」「考えられるのはまず歯肉炎。歯が歪んで伸びて痛みになることもあります。そして腫瘍の場合もあります」「腫瘍」「まあ早めにきちんと調べてもらってください」「緊急性はありますか?」「それはそこまでないですね」「わかりました。明日は先生がお休みの金曜日なので余程のことがない限り土曜日に連れて行きます」。

 

その抗生剤の注射で終わらせようとするので、「あの、昼ごはんを食べられなかったのは腫れによる痛みからでしょうか?」「おそらくそうですね」「そしたら今夜もご飯食べられない可能性高いですよね。点滴とかしてもらわんでええんやろうか。明日も食べられへんかもしれんのに」「そうですね。では点滴もしておきましょう」(お前ちゃんと考えろや)ということで、抗生物質の注射と点滴をしてもらい、お会計ざっと13000円。たっけー!救急は高いって聞いてたけどやっぱりたっけー!ほんで頼りなーい!ちゃんとしてー!もっといろいろ考えてー!

 

 

f:id:chikuwansai:20200126205814j:image

f:id:chikuwansai:20200126205751j:image

 

そして土曜日にテンダラー先生のもとへ。「サイゾーくんの年賀状ありがとうございました。いやーうれしいです」というテンダラー先生に「悪くなかったのに悪くなってしまいました」とサイゾーを診てもらう。またまた嫌がるサイゾーの口を開けさせ「あーこれね。はいはい、腫れてるねえ」と覗き込んだ後「お母さんこれはね」「はい」「歯肉炎ですわ」「はあ」「まあ間違いないですね」「先生、目で診ただけやのにホンマ?」「うん、大丈夫」と一気に安堵。腫瘍じゃなくてよかたー。てか診断早くてナイスー。「あれからご飯食べてないですか?」と聞かれ、「いや結局ね、あの救急に連れて行った後にやらかい好物のご飯やったらペロリでした。昨日の金曜日も昼夜ともに食べました」「そうですか。抗生剤が効いて腫れが引いてきてるのかもしれませんね」ならしい。結局念のためにと痛み止めの薬をもらい、「2週間後にまたみせてください」と診察終了。いやー良かった良かった。

 

もうひとつふたつな対応の救急に13000円も払ったものの、あのときすかさず抗生剤を打ったことで治りも早く、ご飯を食べられるようになったのかもと考えると無駄じゃなかったんかなと思う。今日のサイゾーは昼も夜も「ご飯まだあ?」とキッチンをうろつくほど食欲が戻り、おまけにチョーさんのようだった口の腫れもひいて、すっかりばっちり落ち着きました。ご心配いただいた皆さんありがとうございました。まだまだしぶとくやっていきますイッヌ。

お弁当生活に変えて良かったこと。

少し前のブログで脂肪をカットすると宣言しましたが、あれからお弁当ライフをはじめております。コンビニや外食では脂質を避けることはまあ難しいし、どうしても炭水化物過多になってしまう。「無いなら作るしかないんじゃね?」と行きつき、確か12月の中旬ころから外出がなくて社内で昼ごはんを摂れる日は基本的にお弁当にしています。意識しているのは脂質カットだけでなくタンパク質中心にすること。炭水化物は雑穀米を1合ぶんおにぎり2つにして、朝ひとつ、お昼か夕方にひとつとしています。

 

f:id:chikuwansai:20200126173258j:image

 

この生活を続けて約1ヶ月が経ち、メリット、良いことしかもたらさない素晴らしさに気づきました。ここでそれをまとめておきましょう。あなたもレッツ弁当ライフ!カモン!

 

1 体重が落ちました。

もちろんこれを目指してやってきたのですが、さして意識せずとも体重が落ちました。これまで糖質オフとかやってきたけど、絶対こっちの方が身体にいい!身体が喜んでる気がするの。お弁当には塩シャケや玉子、ちくわ、ウインナーなどなどで必ずタンパク質を補い、野菜は晩ご飯の残りの大根炊いたんや冷凍食品でちゃちゃっと足してます。冷凍のほうれん草やブロッコリー、揚げなす便利!今うちの冷凍庫は冷凍食品でパンパンです。いやっほー!

で体重。例のノロ騒動で体重が1.5キロほど落ち、「まあこれは水分やしすぐに戻る」と思っていたらそれをキープし、さらに0.5キロ落ちました。ビックリや。もちろんまた上がったり下がったりを繰り返すでしょうが、なかなかいい出だしです。

 

2 経済効果高し。

お昼をコンビニで買ったらなんやかんやで1000円ほど。これが無くなり、1日財布を出さない日が増えました。その分お弁当用の食材、さっきの冷凍食品や米代がプラス出費になりますがいうて知れてるからね。なのでスーパーライフに使うお金は若干増えたものの、毎日コンビニや外食するよりも圧倒的に安く済んでます。カシコ。

 

3 早起きして目覚めもGOOD

前の晩のうちにだいたいのメニュー構成を決めておき、朝起きるときは「作るで!」モードで起床。なので朝にグダグダする時間が減り、作るために早起きするようになりました。まだお弁当作りに30分ほどかかってるのでこれはもうちょい短縮したいな。

 

という感じで楽しくやってます。何よりお昼の時間が楽しみになったなー。お味噌汁もマストにして、作ったのを持って行ったり、面倒なときはインスタントで補ったり。ただひとつだけこの私の行動に問題が起きています。友人や妹たちがぷんぷんに怒っているその問題とは、私がお弁当を作ると雨が降る、ということ。結構な高確率で、「あんたー。蓬莱さん(関西ローカルのお天気キャスターやで)もこの雨は予測してへんかったで。蓬莱さんもなんで雨になったか首傾げてはるでほんま」ととーちゃんに言われるほど。いやいやすみませんね、ほんとにね。でもどれだけ雨が降ろうとこのお弁当ライフはやめませんから。ちなみに今週も雨模様のようですね。すーんーまーせーんー!

色気づく理由。

最近になって化粧品をよく買うようになりました。といってもブランド物を揃えてるのでなく、ライフ(スーパーやで)やドラッグストアで売ってるどこのんだかわからんのがほとんど。買うのは大抵アイライナー(目のふちにラインを描くもの)、眉毛描き(これはそのまま)、あとマニキュア。若い頃からとんと化粧に疎く、何もしてこなかった私がなぜこうなったのか。答えはひとつ、BBAになって顔が変わってきたからです。

 


あれはいつの頃からだったでしょうか。気がつけばマリコイシハラ並みにボーボーだった眉毛が端の方からハゲちょろけていた。なんでこんなとこがハゲとるんや?薄々になっとるやないか、と眉毛描くやつを購入。次第にまぶたの垂れによって目が小さくなっているのにハタと気づく。あら、わたしの目はもともとパッチリちゃんじゃなかったけどこんなに酷くはなかったで?と思いつつアイライナーを使いはじめることに。安いのしか使ってないからいろいろ試してみたいとちょいちょい買うようになったのね。敷居の高い百貨店の化粧品売場なんて恐れ多くて近づけないので、ライフでこと足りてるというわけです。

 


マニキュアについては、長らく患っている掌蹠膿疱症の症状が快方してきて、爪がまともになってきたから久しぶりに使ってみることに。いいわねマニキュア。これだけでちょっとテンション上がるね。いろんな色を買い揃えてTPOや気分に合わせて選んでます。ネイルサロンに行ったことないけど、このくらいの爪に戻ってたらきれいにしてもらえるかしらんと思ったり。これからは長いこと買いもしてなかった口紅を使うようにしようかなー。なんせBBAになって顔色悪いからなんか貧相なんよなあと、ドラッグストアに行ってはあれやこれやと悩みながら選ぶのが楽しみになってます。そうそうシミ隠しのコンシーラーもいろいろ試してみたいのよね。

 


同じ歳のうちの男性アートディレクターK氏と話してたら「ボク最近オーデコロン使うようにしてんねん」と驚きの発言をするので「なんでまた。加齢臭対策か?」と聞くと「ちゃうわ。なんかええ匂いやとええ気持ちやん」やって。そうなんよね。50歳過ぎたら自然とさ、色気づいてくるわけなのよ。てかいろいろやらんとキツいのよ。過度にならずさりげなくビューティホーになるよう、BBAの健気な試行錯誤は続いていきます。

 

f:id:chikuwansai:20200121144434j:image

タコとミチコ。

この週末の東京(正確には幕張)出張で、東京の友人に会ってきました。メンバーはかつて一緒に高知に行き、昨年は福井〜金沢旅を楽しんだガロさんandヨーコ夫妻と、永遠の独身男世田谷氏。最初に軽くゼロしようとビアホールのようなお店に世田谷とふたりで入り、まずはビールで乾杯。「ここはメンチカツが有名なんですよ」とメニューを見ながら世田谷が勧めてくるけどそれはストップ。「あかん、このあと居酒屋で食べるやん。激しめはやめとこ」とあきらめ、地味にくわいの素揚げとネギのぬたでやることに。「でさあ、その居酒屋さんは何が美味しいの?」と聞くと、「うーん、確かタコのおでんが有名ですね」「タコ?」「はい」「あのさ世田谷、タコのおでんと言われても、まったくときめかん」と、ここからタコ談義に。だいたいタコの料理って限界あるよね。期待を超えてきたことがないわ、と言うと「関西の人ってタコ好きなイメージありますけどね」「たこ焼きだけやし、特に好きなわけやないで」「じゃあタコ料理で一番好きなのなんですか?」と聞かれ、うーんうーんそうやなあ強いて言うなら「タコの天ぷら?」と回答。そして彼がかつて岡山で食べたタコ尽くしのお料理の話になり、「美味しかった?なんか忘れられへん一品あった?」と聞くと、「‥‥‥ないですね」。ほらあ!やっぱりタコ料理ってそんな感じやねんでー。この後の居酒屋さんでどんなタコおでんが出てくるかやけど多分期待以上にはならんと思うなーとやいやい。

 

 

f:id:chikuwansai:20200119111535j:image

f:id:chikuwansai:20200119111539j:image

 

その後ヨーコがやってきて、久しぶりの再会を喜び、ヨーコからお土産を渡される。「これね、村上開新堂で扱ってる山本道子のクッキーなの」「山本道子?誰?」と失礼ながら私はスイーツ界もクッキー界もとんと疎いのでまったくすごさがわからない。「村上開新堂そのものではね、予約どころか紹介が無いと買えないクッキーがあるのよ」は?クッキー買うのが紹介制なの?なんとまあ。「道子のクッキーも予約しないと買えないのもあるんだけど、これは普通に買えるやつ」といただいたのはチーズ味とシナモンフレイバーのセット。ワインと一緒にいただこうと思ってます。

 

ビアホールのような店を出て予約してくれていた居酒屋へ移動。ガロさんもやってきて4人で乾杯し、オーダーにはやっぱり試さとかないかんタコのおでん。

 

f:id:chikuwansai:20200119111936j:image

 

ほんま普通やで。これで700円ほどするわけ?「いただいてみましょう」と世田谷が先陣を切ると「‥‥普通ですね」の感想。わたしもひとつ取り、辛子をつけていただいてみるも、「うーん。想像通りのそのままの味やな」としか言えない。その後ころころと自然とお皿に残ったタコたちは「責任持ってボクが」と世田谷のお腹に入っていきました。タコにはじまったこの夜、会話が尽きずにころころと流れるように深夜まで楽しい時間が過ぎていきました。

ふんどしにどやどや。

うちの甥っ子王子はこの春めでたく高校を卒業し、大学生になります。3年間がんばってきたバスケ部を引退し、今は都会のカフェでイキってバイトに励んでいます。仏教系の男子校で、先日大阪の四天王寺さんでの冬の伝統行事「どやどや」に参加したことを妹クローバー(つまり王子の母親)がTwitterにつぶやきました。このどやどやとは、

 

天下泰平・五穀豊穣を祈願する目的で開催するもので、同寺の六時堂でふんどし・鉢巻き姿の男子高校生がお札を奪い合う。かつては、天王寺村の百姓組と今宮村の漁師組が参加して勝敗を決めていたという(ネットニュースより引用)

 

f:id:chikuwansai:20200118131000j:image

f:id:chikuwansai:20200118131027j:image


ものらしい。そう、ふんどし。クローバーが王子に「見に行こうかな」と言うと、「若い男のふんどし姿眺めて喜んでるように見られるからやめとき」と言われたらしく、シュンと諦めて夕方のニュースで報道されるのを待つことに。で、先ほどの妹のツイートに、私の友人たちBBAがざわつきました。

 

 f:id:chikuwansai:20200118131054j:image
f:id:chikuwansai:20200118131050j:image


筆頭格は私の高校時代からの友人ペッス。後からやりとりを見たら

「そのふんどしはお家からつけていったの?」「クローバーが締めてあげたの?」「その上からおズボン履いたの?」「お尻スースーするよね、寒いよね」て、気になるかそれ?聞きたいかそれ?なことばかり。妹のアオコは「王子はお腹が弱い子やから大丈夫か気になっててん」とふんどし王子へのいろんな思いが交錯。ちなみにクローバーがどうやって締めたかを王子に確かめたところ「学校で先生に教えてもらいながら各自で巻いた」という当たり前の返答でした。でしょうよ!家で巻いてないしおズボン関係ないわ!

 

f:id:chikuwansai:20200118131125j:image


ペッスはさらに「巻き方知りたい、やってみたい」と自らふんどしを志願するほどこのエピソードに食いついていました。もちろんこれらのやり取りに対し、王子は冷ややかな目で見ていたそうです。せやな、ねーねーは王子が一番まともやと思うよ。うんうん。

 

(写真は本文とまったく関係ありません)

あたまのなかのおんがく。

父方の叔母が筋力の落ちる病気になった。何度検査しても詳しい病名はわからず、ただただ日々筋力を失い、数ヶ月前に自宅に見舞いに行ったときはなんとか自力で歩くことができ、座って話をしてくれた。「具合はどう?」と聞くと、「まあねえ。からだがうごかんからこまるねえ」ととてもゆっくりしゃべる。もともと叔母はしゃきしゃきと動く、隙のないしっかりしたタイプであるがその姿は見る影もない。長年にわたる夫とふたりのおしどり夫婦の生活で、家事をしたことのなかった(する必要がなかった)叔父が主夫として炊事洗濯を切り盛りしているのも意外だった。「あのねえ、あたまのなかで、ずっとおんがくがながれてるのよ」音楽?どんな?と聞くと、この質問が聞こえてないのか単に答えられないのかそのまま黙ってしまった。ずっと音楽が流れている状態とはどういうものなのか?想像もつかないけれど叔母にとってそれはとても不快なものであるようだった。

 

今年叔父から届いた年賀状で、叔母が入院していることを知った。母や妹と相談し、三連休の中日の今日、お見舞いに行くことにした。仕事に出ようか迷ったものの、来週以降はまた忙しくなってなかなか顔を出せない状況になるため、妹のクルマに同乗させてもらうことにした。4人部屋の病室に入ると、叔母は上を向いて眠っていた。あの日からずいぶん痩せて髪も短くカットされている。母がゆすって声をかけるとパチリと目を開け、私たちを見渡し、私たちの名前を言う。そして妹が去年から義父母と同居していること、アオコが病気になったことなど私たちの状況をさっき聞いたことのようにつぶやき「たいへんやったねえ」と言う。そう、彼女はひとつもボケてない。叔父から話して伝えてもらった年賀状の内容を全部頭に入れてきちんと記憶している。もちろんその前に聞いたこともすべて覚えている。私は叔母にもらったコートを着ていたので「それ、ようにおてるねえ」と少しだけにこりとする。

 

お母さんが叔母のためにもってきた干し柿を口に入れると、むちゃむちゃとしながら「あまいなあ」と言う。爪を切り、ブラシで髪の毛をといてあげると気持ち良さそうにしている。不器用なわたしは切ったばかりの爪にニベアをのせてのばしてあげた。顔は無表情だがきっととても喜んでいる。

 

「おばちゃん、テレビは見いひんの?」と聞くと「もともとテレビはみてないしなあ。みみもちゃんときこえへんし」という。何も見ず、刺激もなく、1日どうして過ごしているのか、毎日何を考えているのだろう。こんなに頭ははっきりしているのに。思考も論理も感情も持ち合わせているのに。神様はなんでこんな人にこんな病気を与えるのだろう。「今日はわたしと典子の誕生日なんですよ」とお母さんが言うと「いちがつじゅうににち。のりちゃんがうまれたときにでんぽうをおくったわあ」と言う。そうやったんやね。52年前の私が生まれた日にそんなことがあったんやね。

 

叔父が来て、しばらく話してから私たちは帰ることにした。「あきらめたらあかんよ」と声をかけたけど、果たしてこの言葉は適切だったのだろうか。「また来るね」と言うと「むりせんといてや。とおいからな」と気遣いする叔母。まだ彼女の頭の中では音楽が鳴り続けているのだろうか。私たちが一生聞くことのない、不快な音楽が。

ノロの顛末。

初出を済ませた月曜日の夜。翌日のお弁当の準備をしていつものように就寝しました。朝6時にサイゾーが「シッコ行きたい」と起きたのでトイレに連れて行き、私は白湯を飲んでもう一眠りしようとベッドへ。異変が起きたのはここから。気持ち悪いな、なんでかな、そんな飲みすぎてないのにな、と思いながらうつらうつらしていたところ、「もうあかん」となってトイレへ駆け込みリバース。これが朝7時。何事が起こっているのかわからないままベッドに戻るともう苦しくて仕方がない。「8時やで」と起こしにきた親父に「そんな場合やない」と言い、地獄の時間がはじまりました。

 

寝ていてもとにかくつらい。気分が悪いだけでなくどこかが痛いような気がする、息が上がる。「なにこれー」「しんどいー」「死ぬー」「あかーん」とひとりベッドでのたうちまわり、うわごとを言うしかない。スマホを見るのもしんどいなか、仕事関連の連絡を入れるのがやっと。救急車を呼ぼうかと考えながら1時間弱のタームでトイレに駆け込み、上から下から何から何まですべて出ていきました。もうカラッカラです。

 

お昼を過ぎてようやく落ち着きはじめ、まともな眠りにつくことができました。目が覚めたら15時半。近所の病院の診察がはじまっているので起きることに。ふらっふらになってうちのDr.Gのいる病院に着くと奥のベッドに案内された。ありがたい。Gは私の症状をひと通り書き出し、舌を見てお腹をさわり、「まずはインフルの検査をしましょう。お腹にくるインフルもあるからね」と検査するとこれは陰性。「そしたら多分ノロかロタウィルスですね。脱水してるから点滴しますね」とベッドで1時間液を入れ、ふらっふらで帰りました。

 

ノロて。なんでやねん。どっから入ってきよってん」ととーちゃんに話し、胃が落ち着いてきているのでおかゆを作ってもらう。お茶碗に軽く一杯食べて薬を飲み、「ほな寝るわ」と寝室に戻ったとたん気持ち悪くなってトイレへ駆け込む始末。ええ加減にせえよノロよ。しつこいなお前。薬まで出て行ってしもたやないかボケ。その後仕事の段取りをつけて、夜に同僚がマイパソコンをうちまで持ってきてくれました。在宅勤務体制です。

 

結局水曜日と木曜日の2日間は家で仕事をしました。水曜日は体力なくて起きてるのもしんどかったけど、幸い胃腸ともに暴れることはなくなっていたので白湯を飲みながら仕上げないといけない原稿をなんとかやり切り、木曜日は企画仕事を仕上げてノルマはきっちり達成。こんなときでもできる子やあたし。食事は相変わらずまともに食べられなくて、おかゆや雑炊などをちびちび食べてました。木曜日の夜にはずいぶん落ち着いてきてやめていた酒(え?当たり前?)も復活(といってもチューハイ1本がやっと)させ、おかずも食べられるようになり、金曜日にめでたく出勤できました。

 

なぜ、いつ、どこから私がノロに感染したのかはわかっていません。日曜日の夜に食べた鍋の牡蠣があたったのか、年明けから5日間お腹を壊していた同僚から譲り受けたのか、他のふとした経路なのか謎のままです。でも確かなのは私の身体がノロウィルスに負けた、許したほど弱かったということ。年末年始の飲み過ぎで水分が不足していた、大掃除やらを頑張り過ぎて実はとても疲れていたことが要因だったのかもと振り返ってました。もうあんなみじめでしんどい思いはしたくない。みかんのゼリーの上のゼリーのところだけちゅるっと食べただけやのにお腹がピーとなる情けない思いはしたくない。ただ今になって思うのは、この件で身体が一掃され、本当の私の2020年がはじまったのだとポジティブに捉えています。

 

f:id:chikuwansai:20200111112415j:image