読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

十杯機嫌 〜飲んで飲んで、たまに犬〜

酒好きふたりと酒嫌いな犬。

我が家の掃除機考。〜蕎麦を重ねて〜

おはようございます。雨の日曜日です。今日はふたつの書きたいことがあるんです。ひとつは前回のアオキさんに教えてもらった蕎麦屋さんに行ってきたこと。もうひとつは我が家の掃除機について。しかしいくらコピーライター歴の長いワタスでも、蕎麦屋と掃除機の話しをひとつにまとめるのは相当難しいため、写真は蕎麦屋、文章は掃除機という構成でやってみましょう。写真の補足についてはキャプションで入れよか。ではでは、行ってみよ!















真ん中は山うに豆腐。いわば豆腐の味噌漬けですね。濃厚〜♪ねっとり〜♪
我が家にはふたつの掃除機があります。ひとつは普通の紙パックのタイプ。キャニスターっていうのかな。これは何年か前にヨドバシで買ったんやけど、どうも紙パックの設置部分に問題があるらしく、電源を切ったらいちいちピーピーと鳴るようになってこれがかなりウザい。あの本体から出てるホースみたいなとこがぐるぐるしたり、気づいたら本体がひっくり返ってたり、無意識やけどイライラしながら掃除機かけてました。そしてもう一つの掃除機が、うちの母からいただいた高級黒ルンバ。えへ♪しかしルンバ君にサイゾーがぎゃんぎゃんと反応してしまうため、不在のときなどに適宜ルンバ君を使うようにしていたのです。
















里芋の揚げたやつ。ほくほくで美味しかった〜。とーちゃんも絶賛!
あるとき、私が大丸の地下を歩いていたら、清掃の女性がスイスイと軽そうなコードレス掃除機を使ってました。その瞬間「これや!」と気づいた。インテリアショップでなんちゃらっていう海外ブランドのコードレス掃除機を見たけど、でかい、重そう、ギラギラしてるので何かピンとけえへんかったのよね。しかしこの清掃に使っているのは軽そう、コンパクト、めっちゃシンプル。コードレスにするならこのくらい手軽なのじゃ意味ねえわ、と方向性が定まった。大丸の地下で掃除機についての光が差し込んだ瞬間でした。
















アテタイムに白ワインをセレクト。久しぶりのロバート・モンダヴィ。2500円
「ってことで、そんな掃除機探しておいてよ」ととーちゃんに依頼をかけて数週間。「アイリスオーヤマにあるみたいやで」「なんぼすんの?」などとちょいちょい会話を重ね、あるとき何かのカタログに入っていた通販生活のチラシに目が留まりました。「これやん!これがいい!!」「色は絶対オレンジな!」とすかさず購入。で、なんで2つの掃除機があるのにもう一個買おうとするのか、皆さん疑問ではないですか?そこについてはさんざんとーちゃんと議論をしたのです。
















白ワインの終わりかけに、私はそば焼酎、とーちゃんはぬる燗。
うちのキャニスターに対する無意識のイライラはあったものの、結局あの手の掃除機を出す、コードを出して差し込む、という一連の行為が非常に面倒だと気づいたわけです。こんな小さな家でも「掃除機かけな」という気持ちを行動に移すのにすんごい億劫になってたわけね。気持ちはあるけど、なかなかやらない受験勉強みたいなもんか。ちょっと端っこに汚れがある、キッチンで何かこぼれたときのような一時使いにもあの手の掃除機出すってごっつめんどくさいやん?ルンバ君には通じないしね。このコンパクトなコードレスなら、ちょちょっと毎日かけることも苦にならんし、お家がきれいに保てるんじゃないかという結論になったわけなんです。

















締めの蕎麦。念願の蕎麦。泣ける美味しさの10割。赤いのが群馬の辛味大根で目が覚める辛さ!
「ほなあのキャニスターは捨てるのか?」という次の議題についてもとーちゃんと泡盛を飲みながら、ときにバランスボールでボヨンボヨンしながら、まじめに議論を重ねました。結論から言うと、捨てません。置いておくことにします。それはこのコードレスが大掃除に対応できるほどのパワーがないこと、キャニスターの唯一の利点である吸い込みやすいブラシパーツがあることによります。日々の掃除はコードレス。不在のときはルンバ。本気で掃除するときはキャニスター。そういう使い分けをしようということですね。
















そば湯までしっかりいただいてごちそうさま。何が違うのかそば湯まで濃厚で美味でした。
しかしこんな小さい古いマンションで、3つも掃除機があるのはちとおかしいよね。どんなだけきれい好きか、あるいは掃除機マニアかと。でもこのコードレスが届いてからというもの、とーちゃんが超ごきげんで毎日ササッと掃除機をかけてくれるようになりました。買ったのは「マキタ」の掃除機です。そう、あの工具メーカーのマキタだよ。マキタのコードレスは結構評判が高いようで、新幹線の清掃部隊も使っているとか。すげえやん、やるやん、マキタ。ええもん買ったわ!!

















ごきげんで掃除機をかける親父。え?このキャプは不要?
ツイ友さんの中にもこれをすでに使っている方が多いようですね。しかしこのオレンジが超かわいい。マキタと思えぬカラーリングやないかい。パワーモードで15分間という短時間ではありますが、うちみたいな小さな家には充分です。あ、言うとくけどステマちゃうからね。マキタからも通販生活からも一銭も入りませんで。さあとーちゃん、これで道具は揃った。あとはチミが毎日お家をきれいにするんだよ〜。がんば!