読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

十杯機嫌 〜飲んで飲んで、たまに犬〜

酒好きふたりと酒嫌いな犬。

気になる食堂。

実は年明け早々からうちの母が入院してまして、先日無事に手術を終えて退院しました。手術前後は会社を休んで付き添ったりしましたが、予想以上に回復が早く、予定よりも1週間ほど入院期間が縮まったほど。やるねお母さん。うちは仲良し三姉妹なので、LINEで状況を共有しながらのナイスな連携プレーで付き添いを担当してました。次女のクローバーは毎日のようにちょくちょくと顔出してくれて助かりました。おおきにな。三女のアオコはお母さんに代わって家のこまごまとしたことをやってくれていたようです。お疲れさんでした。で、今回のブログはお母さんの入院状況を書きたいのではなくて、どんな場所でもおもしろにできる私たちのエピソードでございます。ででん。

f:id:chikuwansai:20160122091642j:image

手術した翌日にひとりで付き添ってたとき、お昼に病院の食堂に行きました。お腹は空いてるけど夜は仕事関係の会食があるし、あんまり食べてもなあと思いながらショーケースを覗いて決めたのがこのラーメン。まあ中華そばやね。スルっと軽く流し込んだらいいかと思い、食券を購入し、テーブル席で待っていたら‥‥

f:id:chikuwansai:20160122092101j:image

「ラーメンでーす」と運ばれてきたのがこちら。え?ちょっと待ち、話ちゃうがな。ネギも野菜も盛り盛りやがな。サンプルより実物がショボいのはよくあるけど、実物の方がグンとリッチやないかい。しかし文句を言うのもおかしな話やし、「う、うん」と言葉を飲み込んで、もやし、小松菜、ネギがたっぷりなラーメンを流し込んだのでした。スープあっさりで意外な美味しさだったんだなこれが。

f:id:chikuwansai:20160122092539j:image

そんな話を妹たちとしていたら「せやで、あの食堂侮れんでねーちゃん。アオコがサンドイッチ頼んだときも“パンは焼きますか?”って聞いてきたんやで」「それはなかなか気の利いたサービスや」病院の食堂なんて不味いのが当たり前やし期待なんてしてなかったのになんかいろいろ食べたくなってくるやん。「アオコは料理長が訳ありやと思ってるねん。どこかの有名店の板前さんが姿を消してここに身を寄せてるとかさ」と妄想大好き我が家族。クローバーからは「ちゃんぽん食べたけど美味しかった」報告が寄せられ、いつしか「今度病院に行ったら何食べよ」が一番の楽しみになっていったのです。

f:id:chikuwansai:20160122093606j:image

祝日に付き添いに行ったときは祝日だけに食堂も休みやったり、お母さんの退院が早まったりしたこともあり、私の2回目かつ最後となった食堂は先週の土曜日でした。すぐにでも退院になるという話になっていたので私にとっては「最後を何で締めるか」が悩ましい。オムライスもええな、アオコの食べたサンドイッチも美味しそうやったしとショーケースを睨み続け、ようやく決めたのが写真のチャーハン。「シンプルなものほど料理長の技を感じられるはず」と期待は高まるばかり。でしたが

f:id:chikuwansai:20160122094814j:image

今回はサンプル通りの出来栄えで、厨房を覗いてみたらバンダナを頭に巻いてるおねえちゃん(もしくはおねえさま?)がカンカンとフライパン振っていて、肝心のお味は濃い濃い。具材にも味にも料理長は見当たらず、がーーっくしな結果に。しかし待てよ、この日は土曜日。もしかしたら料理長が休みでたまたまバイトさんで回してた日やったのかもしれん。ああ平日に確かめに行きたい。お母さん、今度はいつ病院に行きますか?