読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

十杯機嫌 〜飲んで飲んで、たまに犬〜

酒好きふたりと酒嫌いな犬。

当てる女。

この前、友人のまこっちゃんアメフットやってるおっさんやで)が大阪に泊まりで帰ってくると連絡があり、先週の土曜日の夜に会うことになりました。肥後橋アパホテルで待ち合わせをして、どこかで軽く食べてから我が家にお越しいただくプランとなり、とーちゃんはサイゾーとお留守番、私と妹のアオコがひとまずまこっちゃんと合流することに。待ち合わせしてぷらぷらと歩きながら店を探していると、地元なのに初めて見る古びた居酒屋を発見。「ここにしよ!」と私が決めてガラガラと店に入ると、カウンターとテーブル席2つのこじんまりしたお店の作り。カウンターに3人並んでビールで乾杯し、いくつかお料理を注文しました。

 

f:id:chikuwansai:20170208213634j:image

 

頼んだのはワカサギと鰯の天ぷら、そら豆、マグロのおつくり、ホタルイカ、アスパラ炒めやったかな。正直頑固そうなおやっさん1人でやっはるし、そこまで期待はなかったの。ところが天ぷらをひとくち食べたらわかる美味しさ。仕事の丁寧さ。「美味しい!」と3人歓喜、沸き立つカウンター。おやっさんは健さんばりの無口さで絡んでくることも笑ってくれることもなかったけど、私たちの喜びは伝わってたと思う。帰りしなに「美味しかったです。また来ますね。夜は何時からですか?」と聞いたら「5時からです」と言葉少なにそれでも笑みをたたえて返してくれたおやっさん。いやあ、また当てた。この前田町でも当てたけどまたやってもた。できる子やわあ、あたし。居酒屋センサーびんびんやがな。

 

f:id:chikuwansai:20170208214421j:image

 

その後の我が家でのドンチャンはさておき、翌日の日曜日に「いやあとーちゃん、あの居酒屋さん良かったでえ。金額も良心的やしなきっちり仕事してはるのもいい。こんなにいいお店が近所にあったとはビックリやねえ」と言うと「なんて言う名前のお店なん?」と聞かれ、あっ!わからん。写真も残してない。まったく記憶もない。「あんた仕事でけへんねえ」とたしなめられてもぐうの音もでん。アオコにこっそりLINEで聞いても「わからんわあ」やし、Google先生で調べても、あまりのローカルさにヒットなし。最後の手段でまこっちゃんに聞いてみたら「そんなことになるかもと写真撮っておきました」との返信が。さすができるオトコ!LOVE!と喜び、LINEで送ってくれた写真をよく見たら、

 

f:id:chikuwansai:20170208215031j:image

 

え?まさかの江里花。エリカ。どうしたおやっさん。なぜにこの店名なのおやっさん。謎は深まり、とーちゃんの関心も高まっているので、近々改めて2人で行ってきます!